タクシー運転手の生活

1日の勤務時間が長い

タクシー運転手の生活は、他の職業と比べると独特なものとなっています。

多くのタクシー会社では「隔日勤務」という勤務体系を採用しており、運転手は1回の出勤で15〜21時間程度勤務します。

朝の8時から深夜2時までといった勤務時間になることが多く、その合間に3時間程度の休憩時間が入ります。

拘束時間はとても長いですが、日が変わって深夜に仕事を終えたその当日は「明け」で休むことができます。

タクシー運転手は出勤日と明けを繰り返して働くことになりますが、明け以外に通常の公休も入るため、合計すると月に17〜18日程度が休みとなります。

勤務時間中の様子

タクシー運転手は、会社からひとたびタクシーに乗って営業に出ると、そこから勤務時間が終了するまでは、基本的に自分でどのように走るか考えながら仕事をすることになります。

街中を走りながらお客さまを探す「流し営業」をしたり、駅やホテルなどのタクシー乗り場がある場所で待機したりしながら、少しでもたくさんのお客さまを乗せられるように努めます。

タクシー運転手としてある程度の経験を積めば、その地域において、この時間帯にはどの辺りにお客さまが多いか、ということがよくわかるようになります。

休憩時間(食事)をいつ取るかも、仕事の状況によって自由に決めることができます。忙しい日はコンビニで買ったパンやおにぎりなどで済ませたり、運転手御用達の店まで足を運ぶこともあります。

お客さまの要望によって、当然、どの辺りを走るかも日によって変わってきます。

お客さまがスムーズに見つかる日もあれば、なかなか見つからない日もありますが、こうした点も含めて毎日変化がある仕事だといえるでしょう。

休日はしっかりとリフレッシュ

先にも述べた通り、タクシー運転手は1日の勤務時間が長い反面、休日も多く設定されています。

健康なくして務まらない仕事なだけに、休日はしっかりと身体の疲れをとってリフレッシュすることが大切です。

他の運転手との調整も必要ですが、有給休暇を使って連休をとることも可能です。

忘年会シーズンなどの年末はタクシーの需要が増えますが、そうでない平常時には数日間まとめて休みをとり、旅行などに出かける人もいるようです。