タクシー運転手になるには

普通自動車第二種免許が必要

タクシー運転手として仕事をするためには、「普通自動車第二種運転免許」が必要です。

この免許は、タクシーなどの旅客用自動車に、お客さまを乗せて運ぶ目的で運転する場合に、必ず求められるものです。

ただし、タクシー会社に入る時点で取得している必要はありません。

ほとんどのタクシー会社では、二種免許の取得費用を負担してくれるため、まずはタクシー会社に就職することを考えましょう。

各社では「普通自動車第一種運転免許」を所持している人を優先的に採用し、養成訓練を行うことが多いようです。

なお、二種免許を取得するためには、一種免許を取得してから3年以上経過している必要があります。

つまり、18歳ですぐに一種免許を取得したとしても、そこから二種免許を取るためにはプラス3年が必要となり、「21歳以上」が二種免許の受験資格となっています。

そのため、各社の応募資格も「一種免許取得後3年以上」と掲げられていることが一般的です。学歴はほとんど問われず、二種免許を持っている未経験者も歓迎されます。

入社後は研修を受講し、現場デビュー

二種免許を持っていない人がタクシー会社に採用されると、公認教習所にて教習を受けて、二種免許を取得します。

また、東京(東京都特別区・武蔵野市、三鷹市)、大阪、神奈川(横浜市、川崎市、横須賀市および三浦市)のタクシー会社で働く場合には、「タクシーセンター」といわれる場所で講習を受け、地理試験に合格する必要があります。

地理試験は道路や交差点の名称、建造物、駅の所在などに関するさまざまな問題が出され、比較的難易度は高めです。

そのため、各タクシー会社では独自の問題集などを用意して、研修生をサポートしているようです。

地理試験に合格すると、さらに健康診断や接客・マナーなどの研修を受けて、いよいよデビューとなります。

タクシー運転手は常に安全な運転を行う必要があるため、仕事をスタートしてからも健康状態のチェックは厳しく行われます。

もし心身の状態が健康ではないと判断されると、タクシー運転手としてやっていくことは難しくなります。