探偵事務所と興信所の違い

明確な違いはない

人や企業から依頼を受けて、さまざまな案件に対応する探偵事務所や興信所。

どちらも「調査業務」を中心に事業を手掛けていますが、結論からいうと、現在この両者に明確な役割の違いはないとされています。

しかし、もともと探偵事務所と興信所は、別の役割や特徴を持つ組織として存在しており、現在でもその名残が見られる場合もあります。

ここでは、探偵事務所と興信所の基本的な特徴について紹介していきます。

興信所は企業の調査が多い

興信所は「信用を興する」という意味の通り、主に企業や個人の信用調査を行っています。

その昔、お見合い結婚が一般的であった時代には結婚相手の身辺調査を興信所に依頼したり、また就職の際に企業が雇用調査を行う目的で、興信所を利用するケースがよくありました。

興信所では、主に「聞き込み」の手法を通して調査を進めていきます。

探偵事務所は浮気調査が多い

探偵事務所が受ける案件の多くは「浮気調査」となっています。

浮気調査においては、ターゲットの行動を追うことが重要になってくるため、「尾行」や「張り込み」の手法をとることが多くなります。

ただし、多くの探偵事務所では、浮気調査以外にも行方調査や信用調査など、幅広い案件に応じています。

主に身辺調査を行っている興信所の業務と重なるところも多々あります。

看板名に惑わされないことが大切

このように、探偵事務所と興信所は、どちらも相談者から依頼を受けて、独自の手法で調査を進めていきます。

探偵業法に基づき、公安委員会への届出を出せば誰でも探偵業を営むことができるため、「興信所」として営業する会社であっても、実際には「探偵」として依頼を受けているところも少なくありません。

あらためて、両者に明確な線引きはないといえますが、最近では探偵の社会的認知度が高まってきたこともあり、「興信所」と名乗っていた会社が「探偵事務所」「探偵社」に名前を変えて営業するケースも増えているようです。

こうしたことから、もし興信所や探偵事務所を探す際には看板名だけに捉われず、サービス内容をよく調べることが大切になってきます。