探偵の持ち物、道具

あらゆる調査のために尾行や張り込みなどを行う探偵は、常にさまざまな道具を携帯し、活用しています。

ここでは、探偵の荷物の中身と、仕事でよく使う道具について紹介していきます。

デジタルカメラ

現場証拠をおさえるために、動画や静止画を撮影することは、探偵にとって日常茶飯事です。

一般の人が使うようなカメラを持ち歩くこともありますが、案件によっては極小の特殊なカメラを使用することもあります。

ICレコーダー

ターゲットの会話の内容を録音して、状況証拠として残すために使用します。

スマホ・携帯電話

複数の探偵で行動する際に連絡を取り合ったり、会社に状況の報告を入れたりと、あらゆる場面で携帯電話をしようします。

地域によってはつながらない可能性があるため、各社の機器を持参するケースが大半です。

ノートパソコン

デジタルカメラやスマホで撮影した写真を、すぐにパソコンに取り込んでメールを送ることもあります。

充電器

これだけデジタル製品を持ち歩いていながら、いざという時に充電が切れて撮影ができない、録音できないといったことがあったら大変です。

持ち歩く端末が増えれば増えるほど、必然的に充電器の数も多くなります。

単眼鏡

遠くにいるターゲットを拡大して確認したい時に使用します。双眼鏡では目立ってしまうため、単眼鏡を使うことが多いです。

下着などの着替え

案件やその場の状況によっては、数日にわたって張り込みを行うこともあります。

そのため、上着はまだしも、下着だけは常に持参しているという探偵が多いです。

変装グッズ

変装といっても、普段使用するのは帽子、サングラスくらいです。そのほか、天候に合わせて傘を持ち歩いたり、買い物帰りを装うためにスーパーなどの袋を使うこともあります。

探偵は、目立つことを避けなければならないため、あまり派手な格好はしません。