探偵の活躍の場

探偵社に勤務する

探偵の活躍の場として最も多いのは、いわゆる「○○探偵事務所」「○○探偵社」といった名の会社です。

多くの探偵はこれらの会社に入り、社員あるいはアルバイトとして探偵業務に携わっています。

ただし、一言で探偵社といってもその特徴や規模はまちまちです。実績豊富で長年の歴史を持つ大手探偵社もあれば、立ち上げたばかりの零細といえる探偵社もあります。

探偵は、仕事の成果が個々の能力に左右されやすい仕事であるため、規模だけで会社の信用度が決まるわけではありません。

ただし、中には悪質といわれるような業者も混ざっているといわれるため、就職先を探すときは、探偵社の様子をきちんと調べることが大切です。

なお、探偵は特別な資格や学歴が求められる仕事ではありませんが、探偵学校に通い、探偵業の基礎を学んでから就職先を探す人もいます。

なお、探偵学校の中には探偵社が運営する学校も存在しています。そのような学校を卒業すれば、卒業後は探偵社の系列会社に就職できるケースもあるようです。

独立・開業して働く人

探偵は、スキルさえあれば独立して仕事をすることができる仕事です。

開業時には公安委員会への届出が必要となりますが、ハードルはそこまで高くないため、どのような人でも探偵業をスタートするチャンスはあるといえます。

ただし、探偵は個々の能力に大きく依存する仕事であることは事実です。

この業界についての知識や経験がまったくない人、あるいは経験が浅い人がいきなり独立・開業し、成功できる可能性は決して高くありません。

そのため、多くの人は探偵学校に通って知識を身に付けたり、探偵社に勤めて現場を経験してスキルアップしてから独立するケースが多くなっています。

副業としてスキルを生かす人も

独立・開業する人とは別に、他の仕事を専門にしながらも「副業」という形で、探偵の調査技術を生かして働いている人もいます。

探偵は、やり方次第では一人でもできる仕事です。

「探偵業法」が施行され、探偵の社会的な信用度が徐々に高まっている現在の日本社会。自分の意思次第で、探偵のスキルを発揮できるチャンスは存分にあるといえるでしょう。