探偵の調査方法、テクニック

探偵への依頼業務で最も多いものは、「浮気調査」だといわれています。

このように、調査対象者が明確になっている案件の調査活動を行う際には、「尾行」や「張り込み」の方法をとることが一般的です。

尾行

尾行をする際は、まず調査対象者を確認したら見つからないようにこっそりと後を追い、調査対象者の行動パターンを掴んでいきます。

しかし、調査対象者は、必ずしも徒歩で移動するとは限りません。

場合によっては自転車を使ったり、バイクや自動車で移動することもあるため、探偵も必要に応じて車両を使った尾行を行います。

車両での尾行は非常に難しいとされています。あまりに相手に近付き過ぎれば怪しまれる可能性が高まりますし、だからといって距離をとり過ぎれば見失ってしまうリスクも高まります。

また、赤信号につかまらないようにしたり、他の車両の影響で調査対象者を見失わないようにするなど、さまざまなことに気を配らなくてはなりません。

調査対象者の性格はさまざまであり、周囲をものすごく警戒する人もいれば、あまり気にせずに堂々と行動する人もいます。

相手が敏感なタイプの場合、尾行に勘づかれたなと感じたら、その日はそれ以上追うのをやめることもあります。

尾行は、単に相手の後ろを付けていくというばかりでなく、常に状況を察して臨機応変な動きをとることが求められます。

張り込み

尾行をしている最中、もし調査対象者が建物の内部や浮気相手の自宅などに入るようなことがあれば、探偵は出てくるまでずっと張り込みを行う必要があります。

張り込みは、大きく「車の中」と「路上で立ちんぼ」の2種類に分けられます。

いずれの場合も調査対象者が動いた場合にすぐ確認できる場所にいながらも、相手に見つからないように、怪しまれないようにしなくてはなりません。

また、近隣住民に不審がられないように行動することも大切となるため、基本的には周囲の状況を事前に調べたうえで張り込みを行うことが多いです。

張り込みはほんの短時間で終わることもありますが、実際には何時間にも及ぶようなケースが多々あります。

長時間の張り込みが必要になる場合、他の探偵と連携をとりながら、交代で行うこともあります。

その他

尾行や張り込み以外にの調査方法として、「聞き込み」もよく行われます。

つまり、調査対象者に関連のある人物などに話しかけてターゲットの情報を引き出すわけですが、聞かれた側も、突然見知らぬ人に話しかけられて、簡単に口を開いてくれることはそうありません。

ましてや、「私は探偵です」と伝えれば、怪しまれることがほとんどです。そのため、探偵は会話の中でほしい情報をうまく誘導し、引き出すような工夫が必要になってきます。

場合によっては、話を聞きたい相手のところに足繁く何度も通って信用を得たり、より安心してもらえそうな年代や性別の探偵が出向くこともあります。

そして、調査対象者に聞き込みを行ったことがバレないよう、口止めをすることも大切です。

そのほか、状況証拠を残すために写真や動画、音声を撮影することもよくありますが、いずれも調査対象者に見つからないように行わなくてはなりません。