宅地建物取引主任者の仕事内容、役割

不動産の取引を行う 宅地建物取引主任者の仕事内容は、不動産の取引を行うことです。 具体的には、不動産を売ったり買ったり、または貸したり借りたりすることに関して、現地の状況や権利関係の調査を行い、取引の相手方に対してその内 … 続きを読む

宅地建物取引主任者の勤務先、活躍の場

勤務先は意外と多い 宅地建物取引主任者の勤務先として代表的なものは、当然ですが俗にいう「不動産屋さん」です。 「不動産屋さん」とは言っても、営業形態もさまざまですし、得意とする分野も異なりますが、大きくは「賃貸」「売買」 … 続きを読む

宅地建物取引主任者のやりがい

「すみか」を提供するという大きなやりがい 不動産はさまざまな側面がありますが、もっとも大きな役割は「すみか」になるということです。土地がなければ家を建てられませんし、家がなければ生活できません。 そして、家というのは、そ … 続きを読む

宅地建物取引主任者の大変なこと、苦労

雑用係・肉体労働的な面も 宅地建物取引主任者の仕事で、賃貸アパートや賃貸マンションの管理をすることがあります。 そのようなときに、退去後の清掃や補修工事は専門の工事業者にお願いしますが、入居中にちょっとしたことで対応しな … 続きを読む

宅地建物取引主任者の現状と将来性

「資格は持ってて当たり前」の現状 宅地建物取引主任者ですが、人気資格ということもあり、持っている人が多いのが現状です。むしろ、不動産業界に勤めていればあって当然の資格であり、資格だけあっても重宝される人材とはいえません。 … 続きを読む

宅建主任者の一日

宅建主任者の一日 8:30 出社して本日の予定を確認します。 本日は午前中に自社で販売する団地の造成工事の進捗を見に現場に足を運び、さらにその足で売主予定の地主さんや市役所にまわってくる予定です。 9:30 会社を出発し … 続きを読む

宅建主任者の説明責任

資格といえば「宅建」とされるが… 宅建主任者資格は、実務経験が不要で学歴要件も制限がないことから、中難易度以上で有用な資格として、各種のスクールや通信講座で紹介されています。 たしかに、資格の難易度のわりに、勤務先によっ … 続きを読む