宅地建物取引主任者の勤務先、活躍の場

勤務先は意外と多い

宅地建物取引主任者の勤務先として代表的なものは、当然ですが俗にいう「不動産屋さん」です。

「不動産屋さん」とは言っても、営業形態もさまざまですし、得意とする分野も異なりますが、大きくは「賃貸」「売買」「管理」に分けることができます。

賃貸は、アパートや賃貸マンションの入居者の募集を主にやるところです。
売買は、土地や建物を売ったり買ったりするところです。
管理は、アパートや賃貸マンション、貸土地などを持ち主から預かって管理するところです。

他にも、ハウスメーカーや工務店といった建築関係、マンションや宅地分譲をする建設業者(デベロッパー)なども勤務先として挙げられます。

活躍の場を切り拓くのは自分次第

宅地建物取引主任者の活躍の場はさまざまです。

不動産屋さんで賃貸を担当する場合もあれば、売買を担当する場合もありますし、監理を担当する場合もあります。また、それを兼務してやる場合もあります。

さらには、建築会社や建設業者で土地を仕入れたり、分譲地として販売したりすることもあります。

いずれも、あつかう法律が異なってきたり、必要な知識が違ったりしますので、その都度勉強して行うぐらいでないと勤まりません。

逆を言えば、自分の得意分野を見つけ、それに対して愚直に法律知識や実務経験を積んだ宅地建物取引主任者は、ひっぱりダコになることでしょう。当然ですが、その得意分野が一つではなく、二つ三つあると鬼に金棒といえます。

宅地建物取引主任者の可能性

宅地建物取引主任者は、単に不動産の取引に関する仕事ばかりではありません。また、試験科目の共通性から、さらなるステップアップも可能な資格で、ステップアップした各種資格とも、仕事の相性が良いのです。

たとえば、マンション管理士・管理業務主任者はマンション管理に関して宅地建物取引主任者と試験内容も仕事内容も似ています。

また、行政書士は各種許認可申請を代行して行えますが、土地や建物の取引では許認可を必要とすることが非常に多く、試験でも民法でそこそこの共通性があります。

ほかにも、不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士といった難関資格も、宅地建物取引主任者を登竜門として目指す資格と位置付けられていますし、業務内容も相乗効果のあるものです。

このように、宅地建物取引主任者は多くの可能性を秘めた資格といえるのです。

仕事体験談