不動産系資格における宅建の位置づけ

もっともポピュラーでもっとも需要がある

宅地建物取引主任者は名実ともに、不動産系資格でもっともポピュラーでありながらも、仕事で求められる場面ももっとも多い、つまり需要のある資格です。

人気や需要があるのは、資格試験の難易度や資格取得にかかる費用に比べて、仕事の範囲も広く、高給・高収入も可能ということにあると考えられます。

仕事の範囲であれば、マンション販売・開発や戸建分譲のほか、賃貸や管理もあります。これらによって、宅地建物取引主任者はポピュラーで需要があるのです。

一にも二にも宅建から

他の資格との位置付けとしてはどうでしょうか。これは、一にも二にも宅地建物取引主任者を取ることからはじまります。

たとえば、ファイナンシャルプランナーやマンション管理士・管理業務主任者といった、資格試験の難易度が近くて仕事の関連性も高いものについては、資格試験的にも仕事的にも宅地建物取引主任者を先に取っておいた方がよいです。

資格試験的には宅地建物取引主任者がポピュラーで歴史も古いことから、教材やスクール・専門学校が充実しており、資格試験の勉強を取りかかるのにうってつけといえます。

仕事的にも、宅地建物取引主任者の仕事の付加価値としてファイナンシャルプランナーやマンション管理士・管理業務主任者があるような位置づけとなっています。

難関資格の登竜門でもある

このほかにも、不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士・行政書士といった、難関資格の登竜門でもあるのが宅地建物取引主任者です。

これらの試験に共通しているのは、受験科目に「民法」があることです。「民法」は日本における世の中の人々が密接にかかわる法律でありますが、法学部で専攻しないかぎり、そう深く学ぶ機会はありません。

これら難関資格は、民法についても相当の知識を求められるので、その取っ掛かりとして宅地建物取引主任者はちょうど良いのです。

そのため、これら難関資格の登竜門と位置付けられています。

仕事体験談