宅地建物取引主任者になるのにかかる費用

受験にかかる費用

宅地建物取引主任者の試験を受けるに当たってかかる費用は、「受験手数料」「スクール費用」「教材費用」「登録講習費用」などです。

ここからは、それぞれについて金額とその内容を説明していきます。

<受験手数料>
宅地建物取引主任者試験を受験するのにかならずかかってくる費用です。金額は7,000円になり、受験申し込み時に振込みなどで支払います。

また、インターネットで受験を申し込む場合には、クレジットカード決済やコンビニエンスストア払いも選択できます。

<スクール費用>
こちらはスクールや専門学校の宅建コースを受講するのにかかる費用ですので、独学の場合は必要ありません。

費用としては、初学者が基礎からやるようなフルコースのものですと10〜15万円程度、直前期対策やポイントを絞ったコンパクトなコースのもので2〜10万円程度です。

この費用は、通学でも通信講座でもほとんど変わりがありませんので、費用的には通学費用(電車代やガソリン代など)がかからない通信講座のほうがお得といえます。

<教材費用>
こちらは、スクールや専門学校の宅建コースを受講している方で、そのコースに含まれている教材しか使わない方にはかかってこない費用です。

しかし、宅建六法や民法の参考書あたりはスクールなどの教材では不足しがちですので、買うことが多いと思います。また、独学ですとテキストや過去問題集といったものもそろえる必要があります。

金額的には、専門書になりますので1冊当たり3,000〜4,000円程度します。

<登録講習費用>
登録講習とは、宅地建物取引業に従事するもの(従事者名簿に記載されている者)が受けられるもので、修了することにより試験問題が5問免除になるものです。スクールや予備校で実施しており、費用は2万円前後です。

登録にかかる費用

宅地建物取引主任者になるには、試験合格後、登録を受けなければなりませんが、実務経験(2年以上)がない方は登録実務講習というのを受けなければなりません。

また、実際の仕事にあたっては宅地建物取引主任者証が必要ですので、その発行手数料もかかります。

そこでそれぞれにかかる費用ですが、登録実務講習で2〜3万円、登録料37,000円、主任者証の発行に4,500円になります。

なお、実務経験がある方でも試験合格から1年以上たって登録を行う場合には、法定講習というものを受講する必要があります。法定講習にかかる費用は11,000円です。

更新にかかる費用

宅地建物取引主任者の有効期限は登録から5年で、更新するには法定講習を受ける必要があります。

更新にかかる費用は、法定講習にかかる費用の11,000円のほか、主任者証の再交付に4,500円かかり、合計で15,500円になります。

仕事体験談