宅地建物取引主任者の資格の特徴

比較的取りやすい資格 宅地建物取引主任者の資格は、合格率は20%に満たないものの、その受験生の中には「会社に言われたからとりあえず受験組」や「ずっと受からないけど惰性で受けている組」も多数存在するので、実際の合格率はもっ … 続きを読む

宅地建物取引主任者試験の難易度、合格率

近年の合格率の推移(公表値) 宅地建物取引主任者は毎年25万人前後が出願して20万人弱が受験し、合格するのは3万人程度です。つまり、合格率は例年16%程度になります(合格者3万人/受験者20万人弱)。 宅地建物取引主任者 … 続きを読む

宅建の学習教材

独学の場合は教材がもっとも重要 宅地建物取引主任者の試験合格率は15〜17%と低めに公表されていますが、これは合格者数を受験者数で割っただけの単純な数字ですし、毎年25万人前後が出願する人気資格ですので、いろいろな受験生 … 続きを読む

宅建の勉強方法

宅建業法の暗記精度が明暗を分ける 宅地建物取引主任者の資格試験は、四肢択一のマークシート形式で、出題範囲は「権利関係(民法や借地借家法等)」から14問、「法令上の制限(都市計画法や建築基準法等)」から8問、「宅建業法」か … 続きを読む

独学で宅建に合格できる?

自己管理がすべて 宅地建物取引主任者の資格試験は、合格率が例年15〜17%程度です。 ただし、「会社からやらされている組」や「あまり合格する気がないのに惰性で受けている組」もいますので、実際の合格率はもっと高いと思われま … 続きを読む