宅建と相性のよい資格

宅建は相性の多い資格が多い

宅地建物取引主任者は、試験においても仕事内容においても相性のよい資格が多くあります。

その資格は、建築士・行政書士・ファイナンシャルプランナー(FP)・マンション管理士(マン管)・管理業務主任者のほか、不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士といった難関資格とも相性がよいのです。

建築士との相性

建築士は住宅や事務所などの建物の設計・監理を行いますが、建物にはかならず土地がともなうものです。

そうした場合に、土地をもっている方ばかりではないので、宅地建物取引主任者を持っていると建物の設計・監理のほかにも、土地の仲介を行うこともできるのです。

しかし、資格試験の内容としては、法規関係(都市計画法や建築基準法)が少々かぶる程度で、関連性は低いといえます。

行政書士との相性

行政書士は、各種許認可申請を代行できる資格です。

不動産の取引には多くの許認可申請がともないます。たとえば、農地を宅地に変えるのに必要な農地転用許可申請、おおきな土地を開発するのに必要な開発許可申請など、量・質ともにかなりのものがあります。

そんなときに行政書士を持っていると、自分で許認可申請も行えますので効率が良いです。

資格試験の内容も、択一式の民法が共通しておりますので、ダブルライセンスを目指すならこれ!という方もいます。

ファイナンシャルプランナーとの相性

不動産は高額な商品であり、住宅ローンなんかは一生払い続けていくものです。

不動産の取引を行うにあたって一般の方がもっとも心配することは、このお金の関係なのですが、そうした場合にそれをアドバイスできる専門知識のある資格であるFPを持っていると強いです。

試験の内容的にはあまりかぶりませんが、FPのほうでも不動産に関する基本的な内容として宅建に出るようなものも出ますので、まったく関連がないとも言えません。

マンション管理士・管理業務主任者との相性

マンション管理士・管理業務主任者は、マンションの管理業務に関する資格です。

仕事内容もそうですが、資格試験の科目がかなりかぶっているので、まとめて取る方もいらっしゃいます。

難関資格との相性

不動産鑑定士・司法書士・土地家屋調査士はいずれも、不動産のかかわる難関資格です。

また、仕事のきっかけが不動産の取引であることも共通しており、資格試験の内容でも民法はかならずかぶってきます。そうしたことから相性のよい資格といえ、宅建を登竜門にしてこれらの難関資格に挑戦する方が多いです。

仕事体験談