システムエンジニアは在宅勤務で働ける?

在宅案件を引き受けるために

システムエンジニアやプログラマーの仕事はパソコンさえあればできる作業も多くあります。

そのため、案件によってはクライアント企業や自社オフィスに出社せずに、在宅勤務をすることも可能です。

ただし、これはあくまでもシステムエンジニアとしてある程度の実力が認められ周囲との信頼関係が築けている場合に限ります。

在宅にするということは他の人間の目が届かないということですから、納期に間に合うよう予定通りに作業が進んでいるのか、業務に関する守秘義務をしっかり守れているかどうか、信頼できなければ絶対に任せることができないのです。

在宅の案件を引き受けたいという人は、まずは実績作りをすることが大切です。

クライアントのところに常駐する仕事をいくつかこなしているうち能力や姿勢を高く買われて在宅の案件を任せられるようになることもあるので、まずは多くの人の目の届くところでコツコツ取り組むとよいでしょう。

在宅案件の具体的な内容

それでは在宅の案件はどのような仕事をするのでしょうか。

最近増えてきているのはデータの解析やスマートフォン・タブレット向けのアプリの開発です。

このような仕事は大人数でやるよりも一人で黙々と作業をすることでスピーディーに進むことも多いので、エンジニアが在宅で行う仕事としては適しているでしょう。

作業にはパソコンが必須となりますが、一般的にはクライアントから支給されるのではなくエンジニア自身のものを使用することになっています。

在宅で働きたいのであれば、まずは仕事道具を揃えて環境づくりをすることが大切です。

女性にとっても魅力的な働き方

在宅勤務の最大のメリットは、私生活との両立をしやすいというところでしょう。

自分のペースで働き、休憩や食事も自由に取ることができますし、家族のスケジュールを優先させて仕事の進め方を決めることもできます。

結婚や出産を経ても働き続けたいという女性のシステムエンジニアにとっては特に魅力的な選択肢となるのではないでしょうか。

仕事体験談