システムエンジニアの役割

ソフトウェア開発の流れ

ソフトウェア開発の工程は、仕事内容や企業独自のやり方によって異なりますが、大まかにいうと、要件定義、設計、開発、運用になります。

「要件定義」とは、クライアントと打ち合わせを行って、クライアントの希望を拾い上げることです。クライアントがどのような希望を持っているのか書面にして、クライアントが希望していることとズレがないように確認作業を行います。

そしてそれを元にして設計をしていくのです。

「設計」には「基礎設計」と「詳細設計」があり、基礎設計でシステム全体の機能を設計し、詳細設計では各機能の細かい仕様を設定していきます。

そしてその設計を元に、「コーディング」といってプログラムを実際に組んでいく作業を行うのです。

制作したプログラムは「デバッグ」といったチェック作業を行い、動作不良や問題点を解消していきます。

そしてプログラムをクライアントに納入し、運用することになるのです。

システムエンジニアの役割

ソフトウェア開発は、何人かがチームとなって制作作業をするため、作業の進行状況や、各人との連携が大事になります。

システムエンジニアは、そうした開発チームを管理するマネージャーです。

しかし、システムエンジニアはチームの皆のサポートするマネージャーというだけではありません。同時にチームリーダー、責任者という役割もあるのです。

システムエンジニアはクライアントと打ち合わせして要望を拾い上げ、それを開発チーム全員に承知させなくてはなりません。

そのため、設計やプログラムなど開発工程における作業に対しての知識が必要であり、ソフトウェア開発においてオールラウンダーとなることが要求される場合があります。

コミュニケーション力が必要

システムエンジニアは人と接するのが多い仕事です。

ソフトウェア開発はチーム作業ですから、チームを管理し、まとめあげる役割をシステムエンジニアは持っています。

またクライアントからの要望に対しても、社内の状況を冷静に把握したうえで、うまく調整していくことが必要です。

社内外の多くの利害関係を調整して行かなければならないため、コミュニケーション力は、システムエンジニアにとって大切な要素となります。

仕事体験談