システムエンジニアとプログラマーの違い

プログラマーとは

プログラマーの仕事は、プログラミング言語を用いてプログラムを組み、コンピュータ上で動作するシステムやソフトウェアを作ることです。

具体的には、どのようなプログラムを組むのかについて書かれた「仕様書」に基づき、コーディングという作業を通して、仕様書通りに動くプログラムを組み上げていきます。

完成までにはテスト作業を繰り返してプログラムの不備になる「バグ」を見つけたり、不具合の修正、あるいはリリース作業などを行ったりします。

プログラマーの仕事

システムエンジニアとの大きな違いは

プログラマーは「仕様書」に基づいてプログラムを組みますが、この仕様書を作るのがシステムエンジニアです。

クライアントと直接やりとりをし、クライアントの「システムで何を実現したいのか」といった希望をヒアリングしながら、どのようなプログラムを組めばその目的が達成できるのかを検討し、システムの機能を設計します。

こうして作った仕様書を開発現場に落とし、プログラマーたちに開発を任せます。

プロジェクトはたいてい、複数の開発スタッフが協力して作業を進めるため、システムエンジニアはそのマネジメント役としての役目も担います。

ときには、開発現場から出た意見をまとめて、クライアントとの打ち合わせの場に生かすことも行います。

いち技術者でありながら、プロジェクトを円滑に進めるための調整役も担っている立場であるといえるでしょう。

システムエンジニアとプログラマーを兼務する人も

プログラマーは、基本的にシステムエンジニアのようにクライアントと直接やりとりを行うことはしません。

しかしながら、実際の現場ではシステムエンジニアとしての仕事をしながら、自らプログラマーとして手を動かすという人もいます。

IT業界においては、プログラマーとして経験を積んでからシステムエンジニアになるという道筋をたどる人が多くいますが、なかにはプログラマーから上級プログラマーという立場になって自ら仕様書を書いたり、システムエンジニアが一人で設計から開発まで行ったりしてしまうようなケースもあります。

こうしたことは、個々の持っている知識やスキルレベルに加え、職場の考え方や案件によっても変わってくるため、柔軟に考えておくとよいでしょう。

プログラマーからキャリアアップする強み

プログラマーとして経験を積んでからシステムエンジニアになる道筋をたどる人が多いのには理由があります。

まず、プログラマーとして働くことでプログラミングの言語やシステムの設計の手順を理解することができるので、クライアントからの要求をヒアリングしたり設計を考えたりすることが非常に的確かつスピーディーにできるようになります。

また、システムエンジニアと連携をしながら仕事をする中で「どのような指示があると効率よく作業ができるのか」「どのような納期やスケジュールが望ましいか」という点について身をもって学ぶことができるので、プログラマーの立場に理解のあるシステムエンジニアになることができます。

こうした理由からプログラマーを経てシステムエンジニアにキャリアアップした人材を重宝する企業も多いようです。

この業界で長く働き続けたいという人や専門性の高いシステムエンジニアになりたいという人は、プログラマーから挑戦する道を選ぶのもよいのではないでしょうか。