システムエンジニアとネットワークエンジニアの違い

ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアとは、ネットワークインフラのシステム設計・構築や運用管理をする仕事です。

オフィスなど、複数の人たちがコンピュータを使う場において、個々のコンピュータを「スイッチ」や「ルータ」など機器に接続し、それぞれのコンピュータのデータを快適に送受信できるためのネットワークシステムを作り上げます。

仕事内容は、大きく「設計」「構築」「運用」「保守」の四種類に分けることができ、どのようなネットワークを組めばよいのかを考えたうえで実際にネットワークを組み上げ、ネットワークができた後もトラブルなくシステムが動くようにメンテナンスを行います。

ネットワークエンジニアの仕事

システムエンジニアとの大きな違いは?

一方、システムエンジニアの仕事は、プログラミング言語を使って、コンピュータ上で動くソフトウェアの設計や開発などを行うことです。

ネットワークエンジニアはいくつものコンピュータが問題なくデータを送受信できるための環境を作る仕事、システムエンジニアは個々のコンピュータで利用するソフトウェアを作る仕事となります。

ネットワークエンジニアは一般的に、システムエンジニアのようにプログラム言語を使って開発を行うことはせず、ネットワーク回線や機器、それらの設定に関することなど、通信技術に関する知識とスキルが広く求められます。

このように、どちらもIT業界の技術者としての専門的なスキルが必要とされる仕事ではあるものの、実際に行っている業務は大きく異なります。

それぞれが関わりを持つことも

ただし、たとえばネットワークエンジニアだからといって、プログラムの知識やスキルが一切必要ないとは言い切れない面があります。

ネットワークエンジニアでも、サーバ構築を行うような現場であればプログラムのスキルが役に立つことはありますし、システムエンジニアでも企業などのシステム構築や運用を行ううえで、ネットワークの基礎知識は不可欠といわれます。

それぞれ業務内容と役割に違いはあれど、まったく関連性がないというわけではありません。

ネットワークエンジニアに求められる能力

システムエンジニアにしてもネットワークエンジニアにしても、IT関係の知識やスキルが必要という点では違いはありません。

ただし、ネットワークエンジニアの場合はオフィスや公的な場でのインターネットのトラブルを解決する業務もあり、ITの知識がない一般の人たちから状況をヒアリングして対策についての相談や説明をしなければいけないという局面があります。

同じ業界の人間同士であれば専門用語を交えて話せることであっても、一般の人たちに対してはできるだけわかりやすいように言葉を置き換えながら丁寧に説明することが求められるので、高いコミュニケーション能力が必要とされるでしょう。

同時に、利用者が困っていることやわからないことを聞き出しやすいと感じるような人柄も大切です。

IT業界の専門職ではありますが、営業やコンサルティングに近い業務を行うこともあるので、こうしたことが向いている人が活躍できる職種ともいえるでしょう。

それぞれ業務内容と役割に違いはあれど、まったく関連性がないわけではありません。