システムエンジニアの種類

IT技術者の代表的な職種のひとつであるシステムエンジニア。

システム開発現場では、ほとんどの場合システムエンジニアが活躍していますが、ひとくちにシステムエンジニアといっても、業界や企業、あるいはプロジェクトによってさまざまな特徴を持つ人が働いています。

ここでは、システムエンジニアのおもな種類について、いくつかの分類方法で紹介します。

社内SE

その名の通り、自社の情報システムや業務システムの構築・運用をするシステムエンジニアです。

IT企業だけではなく、あらゆる業界の企業で社内SEが活躍できる可能性があります。

情報システム(社内SE)の仕事

SIer(エスアイヤー / システムインテグレータ)

システムの企画・立案設計、開発、保守・管理などを総合的に行う企業のことを「SIer」といいます。

SIerは、より細かく「メーカー系」「ユーザー系」「独立系」に分けることができ、各領域でシステムエンジニアが活躍しています。

メーカー系

コンピュータなどの製品を製造している企業や、その系列のシステム会社です。

ユーザー系

銀行や電力会社、鉄道会社など、ユーザー企業の情報システム部門が分離独立して作られたなどのシステム会社です。

独立系

メーカー系、ユーザー系に当てはまらないシステム会社です。

「ソフトハウス」といわれることもあります。

肩書による分け方

上記は、おもに活躍の場ごとに種類を分けましたが、このほか「ITコンサルタント」や「プロジェクトマネージャー」といった肩書きによって、システムエンジニアの種類を分けることもできます。

しかし、これは企業ごとに考え方がだいぶ異なります。

たとえば、システムエンジニアがステップアップすることによってITコンサルタントというポジションに就くことができる企業もあれば、最初からITコンサルタントという肩書きがついており、実際に行っているのはシステムエンジニアの仕事ということもあります。

また、どのようなシステムの開発を行うのか(大型汎用機など特殊なシステム開発なのか、機器の動きを制御するのか、など)といった観点から、「Web・オープン系」「汎用機系」「制御系」「組込み系」といった分け方もできます。

担当する業務による分け方

システムエンジニアという職業名はIT関連の開発や保守に携わる仕事をしている人を指しますが、実際の仕事内容によってはさらに細かく名称を分けていることがあります。

たとえばサーバーの設計や構築、保守を行うエンジニアのことを「サーバーエンジニア」と呼ぶことがあります。

また、自社の商品に関する情報やクライアントの情報を蓄積するためのデータベースを設計・構築するエンジニアは「データベースエンジニア」です。

データベースエンジニアの仕事

企業の大切な情報が漏れないように情報セキュリティを構築するエンジニアは「セキュリティエンジニア」です。

この他にも、検索エンジンを専門に設計する「SEOエンジニア」やソフトウェアの開発に携わる「ミドルウェアエンジニア」など、さまざまなエンジニアがいます。

企業によって、こうした職業を細かく分類することもあれば、広義で「システムエンジニア」「エンジニア」と呼ぶこともあります。

仕事体験談