システムエンジニアの仕事はさまざま

営業やITコンサルタント

システムエンジニアというと、技術的な響きがありますが、その仕事内容はテクニカルなものだけでなく、営業的なものまで多岐に渡っています。

たとえば、システム開発、および販売を行っている企業では、営業部門にシステムエンジニアが求められる場合があります。

顧客にシステムを売り込むときに、顧客の技術的な問い合わせに答えたり、営業部門のスタッフだけでは対応が難しい技術的な説明をするためです。

システムエンジニアは営業部門のスタッフと顧客とのつなぎを行うため、営業スタッフと共に動くことが多くあります。

さらにシステムについて顧客が知識を持っていない場合、顧客に対して説明を行うITコンサルタントという仕事があり、多くはシステムエンジニアが担当しています。

プロジェクトマネージャー

システムエンジニアが最も多く従事しているのが開発工程の管理を行うプロジェクトマネージャーでしょう。

プロジェクトマネージャーは開発プロジェクト全体の進行状況等の管理を行う責任者です。

ソフトウェア開発には設計やコーディングなどのいくつかの工程がありますが、その工程のひとつにクライアントから要望を拾い出し、その要望を基にシステムを設定する「アーキテクト」という仕事があります。

このアーキテクトを行うシステムエンジニアは多く、開発規模が小規模な場合など、プロジェクトマネージャーがアーキテクトを兼任する場合があります。

最初の設計に矛盾があれば、システムは正しく動作しないため、アーキテクトを行うには、高度な技術的知識が必要です。

マークアップエンジニアとの兼務

ソフトウェアやシステムには、ユーザーが操作を行う管理画面など、グラフィカルな画面を持つ機能が搭載されているものがあります。

Web型のシステムにおいて、そうした画面イメージを作成する人をマークアップエンジニア(マークアップ言語(HTML)でデザインをするエンジニア)といいます。

マークアップエンジニアはユーザーインターフェースを考えながらデザインして制作する必要があります。

これはデザインセンスが要求されるため、専門のデザイナー(マークアップエンジニア)に依頼します。

ですが、予算や人員の関係から、システムエンジニア自身がマークアップエンジニアを兼務することも少なくありません。

仕事体験談