システムエンジニアの需要と就職・採用状況

システムエンジニアの需要

現代社会では、どのような業界の企業でもコンピュータを利用してネットワークを組んだり、データ等を管理したりするようになっています。

そうした時代の流れに合わせ、さまざまなソフトウェアやシステムが開発されており、それらを運用することを目的としてシステムエンジニアの募集が増加しています。

かつてシステムエンジニアを募集していたのは、ソフトウェアメーカーや、ソフトウェアやシステム開発を行っている専門会社でしたが、最近では一般企業の情報管理部門やIT教育の部門でも、システムエンジニアが求められるようになってきています。

システムエンジニアの採用・募集状況

コンピュータの普及とともにシステムエンジニアの需要が大きくなり、最近ではコンピュータ関連の企業だけでなく、一般企業でもシステムエンジニアが求められています。

そのため、システムエンジニアの募集は年間を通して常に行われています。

IT業界は人材不足が続いており、システムエンジニアについてもまだまだ不足している状態です。そのため、募集が多く、就職や転職はしやすい状態です。

募集は新卒もありますが、経験者を募集する企業も多くあります。

システムエンジニアは専門的な知識やスキルが求められる職種ですが、大手の企業以外ではシステムエンジニアを育てるための教育システムが整っていないところも少なくありません。

そのため、即戦力として経験と実績がある経験者を雇うケースはよく見られます。

一方、新卒採用を通じて将来性が期待できる若手をどんどん採用し、自社でしっかりと育てていくことに力を注ぐ企業も少なくありません。

企業によって、理系や情報関連の学部出身者を求めるところもあれば、文系出身者やまったく知識がない人でも積極的に採用しているところもあります。

もちろん、最初は下積みや地道な勉強からのスタートとなりますが、IT業界への強い興味、そしてこれからスキルを身につけていく意欲と熱意さえあれば、就職はそこまで難しいものではないはずです。

システムエンジニアの就職後

システムエンジニアは知識や技術だけでなく、経験が大事な職種です。

そのため学校で専門知識を学んでいたとしても、すぐにシステムエンジニアとして活躍できるわけではありません。

ソフトウェアメーカーやソフトウェア・システム開発を行っている企業に就職して、何年か経験を積んで、ようやく開発プロジェクトを任されるようになるのです。

転職するケースも多い

どの企業であっても、技術と経験のあるシステムエンジニアを採用したいと思っています。

そのため、能力が高ければ、転職は比較的しやすい職業であり、よりよい待遇を求めて転職する人も少なくありません。

就職先がたとえ行きたい企業でなかったとしても、技術を磨き続ければ、希望する会社に入れることもあるのです。

また、転職の理由として、スキルアップが目的となっているケースもあります。

ソフトウェア・システムの開発企業は、どのシステムであっても同じ手法で開発している企業も多く、多様な経験や知識を得ることが難しい場合もあります。

そのため、新しい技術の修得を求めて、あえて違う企業に活躍の場を求める人もいます。

仕事体験談