システムエンジニアの年齢

システムエンジニアの年齢

システムエンジニアは経験が必要な職種です。

そのため、学校を卒業したばかりの20代前半で大きな開発プロジェクトを任されるシステムエンジニアの数は多くはありません。

開発プロジェクトを任されるシステムエンジニアとなると、多くは20代後半から30代となります。

プログラマーの場合、30歳が現在の仕事を続けていく区切りと考えられ、システムエンジニアの道に進むのか、職人としてのプログラマーを目指すのかの岐路に立たされます。

しかし、システムエンジニアには、年齢によって仕事方法の選択をしなければならないということは比較的少なく、40代になっても現役として活躍している人は多くいます。

システムエンジニアを続けていくには

IT関係の情報は半年や1年といったサイクルで大きく様変わりすることが多くあります。

そのためシステムエンジニアは、常に最新の情報を収集していなければなりません。

そうした情報の移り変わりが早いことから、システムエンジニアが取得する情報処理の資格は、一度取得しても、ずっと評価される性質のものではありません。

コンピュータやソフトの知識や技能などを認定する民間の資格のなかには、資格に2年や3年といった有効期限があり、資格を保持するために、都度試験を受けて更新を行わなくてはならないものもあります。

システムエンジニアを続けていくには、常に勉強する姿勢をもっていなくてはならないのです。

システムエンジニアは一生の仕事?

システムエンジニアは若いうちの仕事で、年齢を重ねると開発の第一線で活躍するのは難しいという説があります。

確かに開発現場は体力勝負という一面があるので難しくなってくるかも知れませんが、そこから先は多種多様なキャリアルートがあります。

一般的にはプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーという管理職へのキャリアアップが王道とされていますが、最近ではIT技術者の需要が多方面で増しているので、それだけではなくなってきています。

エンジニアとしての経験を活かしてITコンサルタントになる道や、教育分野で次世代のエンジニアを育成するという職種も求人市場は盛況です。

システムエンジニアだけでは一生の仕事とは呼べないかも知れませんが、この仕事で身につけたスキルは一生もので、活躍する場はこれからもどんどん広がっていくでしょう。

仕事体験談