高卒からシステムエンジニアになるには

高卒でも応募は可能

システムエンジニアとして働いている人は、コンピュータの専門学校や大学の情報工学などの理系学部などを卒業していることが多いようです。

しかし、このような学歴が必須かというとそういうわけではありません。

企業によって求める学歴は異なりますが、一部の企業では高卒でもやる気や適性があれば採用しているところがあります。

高校のうちに学んでおくべきこと

それでは高卒でシステムエンジニアに就職するのであれば、高校卒業までにどのようなことに力を入れておくとよいのでしょうか。

まず、文系か理系かという点では、数学や工学の知識を吸収しやすい理系のほうが向いているでしょう。

それからパソコン関係の知識としては、日頃からインターネットを利用したりゲームに触れたりして最低限の扱い方を学んでおくことが大切です。

最近では小学生向けに「プログラミング」の教室を開いていることもあるので、習い事の中で自然と基礎を身につけておくということも可能です。

また、趣味の延長線上としてアプリの制作に挑戦してみるというのも貴重な経験になるでしょう。

もうひとつ、高校のうちに学んでおくべきことは、チームワークの大切さです。

システムエンジニアはクライアントやプログラマーと連携を取りながらひとつの案件を完成させていくので、調整役や指示役としての力量も問われることになります。

部活動やサークル活動などでこのような経験を積んでおくと面接でのアピール材料にもなるでしょう。

ステップアップの道筋

高卒の人が企業に入社した場合、どのようにしてステップアップをするのでしょうか。

まず、システムエンジニアを希望して採用されたとしても、いきなりこの職種に就けるわけではありません。

最初は新人研修を受けてIT業界の成り立ちからプログラミングの基本までをみっちり勉強し、その後はプログラマーの仕事を覚えるのが一般的です。

一人前のプログラマーになってからシステムエンジニアにキャリアアップすることが多いようです。

希望の仕事に辿り着けるまでに数年はかかるので、長期戦を覚悟の上で業界に飛び込むことが大切でしょう。