システムエンジニアの就職先、活躍の場

開発会社が中心

システムエンジニアにとって最も代表的な就職先といえるのが、コンピュータ関連のメーカー、システム開発会社、ソフトウェア開発会社です。

これらの企業では、ソフトウェアツールやソフトウェアシステムの開発を行いますが、メーカーとそうでないところでは、開発するソフトウェアの規模が異なります。

開発の手法についても、社内でソフトウェアの開発のすべての工程を行う場合もありますし、システムの要件や設計などのみ社内で行い、プログラムなどは外部の企業に依頼するケースなどもあります。

また、この業界でよく見られるのが、システムエンジニア自身がクライアント先に出向いて仕事をする、いわゆる「常駐SE」として働く形です。

この場合、プロジェクトごとに常駐先が変わるということは珍しいものではありません。

一方、自社開発のみを行っている企業に勤める場合は、客先に常駐するということはなく、自社内で仕事をすることになります。

ひとくちに「システム開発会社」といっても大手から中小ベンチャーまで多様な規模の企業があり、どのようなシステムを作っているのかや、仕事の進め方などはだいぶ異なります。

コンピュータ関連以外の企業でも活躍できる

システムエンジニアはコンピュータ関連の技術者ということから、やはり上記のようなIT系企業での勤務が中心となります。

しかし、これだけではありません。

IT化が進み続ける現代社会では、ありとあらゆる業界のビジネスの場でコンピュータが使われており、何かしらのソフトウェアシステムが利用されています。

そうなると、IT業界以外の企業の情報処理部門などでもシステムエンジニアが求められるケースが増えており、そうした企業でシステムエンジニアとして力を発揮している人もたくさんいます。

一般企業で社内のシステム管理等を担当するエンジニアは、「社内SE」と呼ばれることが多いです。

情報システム(社内SE)の仕事

もはや、コンピュータを利用しない企業はないといっても過言ではありませんから、システムエンジニアの活躍する場所は、世の中の企業全般といえるでしょう。

大手企業では、たくさんの社内SEが活躍している姿もよく見られます。

フリーのシステムエンジニアや起業することも可能

システムエンジニアは経験が重要な職種です。そのため、これからシステムエンジニアを目指すのであれば、最初は企業に勤め、経験を積む道が一般的なものになるでしょう。

しかし、経験を積んで実績を作ってからは、フリーのシステムエンジニアとなり、企業と契約して仕事をする人もいます。

また、システムエンジニアの中には起業して、自分でソフトウェア会社を立ち上げる人も少なくありません。

会社員以外の働き方ができるのも、システムエンジニアの特徴です。

仕事体験談