システムエンジニアの独立・起業

経験を積んでフリーランスに

システムエンジニアになるには、コンピュータ関連の高専や専門学校、大学の情報処理関連の学部を卒業し、ソフトウェアメーカーやソフトウェアやシステムの開発を行っている企業に就職するというルートが一般的です。

その後、経験を積んで開発プロジェクトを任されるようになったシステムエンジニアの中には、スキルアップのために転職したり、フリーランスとなって企業と契約して仕事をする人も少なくありません。

プロジェクトをまとめることができるシステムエンジニアはまだまだ不足しています。

また、ソフトウェアやシステム開発を行っている企業では、システムエンジニアを育成するシステムが整っていないために経験者が募集されることが多い状態です。

そのため、実績があるシステムエンジニアの場合、正社員ではなくフリーとなってもシステムエンジニアとして活躍しやすいのです。

転職やフリーになるメリット

ソフトウェアやシステム開発を行っている企業は、自社のブランド製品や、開発実績のある仕事を継続して行っている場合が多く、仕事が型にはまってしまうこともあります。

大手企業であっても、いくつもの言語を利用してさまざまなソフトウェアを開発している企業は珍しいのです。

そのため新しい経験をしたい、新しい知識を得たいと考えて、転職したり、フリーになるシステムエンジニアが多くいます。

起業するシステムエンジニア

起業をめざすシステムエンジニアは少なくありません。

学生のうちからシステム開発を行って起業する人もいますが、フリーになってさまざまな経験をしてから起業する人も多くいます。

成功している人のなかには年収1000万円以上の高収入を得ている人もいますし、自分のペースで仕事ができることに喜びを感じている人もいます。

ソフトウェアやシステム開発の仕事は、コンピュータさえあれば仕事が可能なため、初期投資が少なく、ベンチャー企業として起業しやすい業界です。

ソーシャルゲームやSNSなどといった新しいジャンルも次々に生まれてきており、システムエンジニアとして活躍するチャンスは広がってきています。

起業の際に注意すること

システムエンジニアとして独立、起業する際にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

まず、この仕事の場合は接客業のようにお客さんが直接店舗を訪れるわけではないので、立地に関してはそれほど気にしなくてよいでしょう。

オフィスにはコンピュータさえあれば仕事をすることができるので、クライアントのところに出向く際に不便なことがなければ地方都市や郊外でも特に問題はありません。

賃料を抑えるために、あえて都心から外れた場所にオフィスを構える人もいるようです。

また、IT業界というのは形のない商品を扱っているだけに在庫を抱えるというリスクもありません。

倉庫などのスペースが必要ないのでビルやマンションの一室をオフィスとして利用している人も多く、自宅を兼用して職場にしている人もいます。

事業が安定するまではこのように賃料を抑えたり経費を減らしたりする工夫をし、大型の案件や継続的な案件が入るようになってから改めてオフィスを構え直すという方法もあります。