システムエンジニアのキャリアパス

一般的なキャリアパス

IT業界で働くシステムエンジニアは、どのようにキャリアアップしていくのでしょうか。

ここでは、多くの人がたどる道筋について説明します。

まず、システムエンジニアとして活躍するためにはプログラミングの知識やスキルを身につけておくことが重要なので、入社後はプログラマー(PG)として配置されることが多いようです。

このポジションで数年間プログラミングに携わる中でシステムエンジニアの仕事を近くで見て学び、一人前に働けるようになった頃にシステムエンジニア(SE)になります。

その後、現場での経験を積んでプロジェクトリーダー(PL)になり、いずれは現場全体をまとめ上げるプログラムマネージャー(PM)に昇格します。

年齢の目安はありませんが、20代から30代のうちにプログラマーやシステムエンジニアを経験し、その後プロジェクトリーダーやプログラムマネージャーなどの管理職になることが多いようです。

新しい時代のキャリアパス

こうしたキャリアアップの道筋がある一方で、近年ではひとつの仕事を専門にして極める道を選ぶ人も増えています。

たとえば、システムエンジニアを経て「ITアーキテクト」になる道です。

ITアーキテクトは最近注目を集めている仕事で、ITシステムの設計様式や構造を考えて具体的な解決策や提案を考える技術者のことを指します。

また「ITスペシャリスト」は情報システムの構築と運営に携わるスペシャリストであり、各自の専門によって「アプリケーションスペシャリスト」「ネットワークスペシャリスト」「データベーススペシャリスト」「システム管理スペシャリスト」と分かれていきます。

これ以外には、システムエンジニア時代の経験を生かしてIT関係の「コンサルタント」になることもありますし、フリーランスになって自分の裁量で仕事を引き受けることもできます。

システムエンジニアのキャリアパスは時代の流れとともに多様化しているので、さまざまな可能性が広がっているといってもよいでしょう。

仕事体験談