水泳選手のやりがい

自己ベストの更新

水泳選手のやりがいは、何といっても自己ベストを更新することです。

競泳は、レースをすれば、タイムがはっきり出ます。また、練習の時から、何度でもタイムを計ることができます。

現実に、多くの選手が、練習の時から自己ベストを0.01秒でも縮めようと努力しています。

とりわけ目標としてきた大会で自己ベストが更新できれば、それまでの過酷な練習もよい思い出になり、水泳選手として達成感や満足感に浸ることができます。

大会標準記録の突破

水泳大会には、たいてい「大会標準記録」や「派遣標準記録」が設けられています。そのタイムを上回らなければ、該当する大会に出場できません。

目標とする大会の標準記録を突破することも、水泳選手にとって大きなやりがいになっています。

オリンピックや世界水泳などの国際大会でも、大会の参加標準記録が設けられていますが、日本の水泳連盟は、独自に「派遣標準記録」を設定しています。

代表決定レースで2位以内に入っても、派遣水準記録をクリアできなければ、その大会には派遣されません。

オリンピックや世界水泳に出場できれば、所属の会社や学校、スイミングクラブはもちろん、出身地や出身校まで大騒ぎになります。

競泳選手への国民の期待は高く、大いに注目されますので、オリンピックや世界水泳に出場することは、選手にとって大きなやりがいです。

オリンピックで金メダルを獲ること

世界ランクの高い選手にとっては、オリンピックで金メダルをとることが究極の目標です。

金メダルを獲るためだけに、4年間を過ごしたという選手もいるほどで、世界のトップ選手にとって、金メダルは、日々の大きなモチベーションになっています。

2000年のシドニー五輪以降、競泳で金メダルを獲得したのは、男子ではアテネ五輪と北京五輪の100m、200m平泳ぎで計4つを獲得した北島康介選手、女子ではアテネ五輪800m自由形の柴田亜衣選手だけです。

ライバルに勝つこと

競泳では、タイムと同様に着順もはっきりします。自己ベストを出しても、レースでライバルに負ければ、うれしさも半減です。

水泳選手にとっては、ライバルに勝つことも大きな目標です。

とくにオリンピックや世界水泳の日本代表は、1種目につき2人だけです。かなりの狭き門ですので、日本選手権の決勝レースでライバルに勝つことも重要な要素となります。