水泳選手の仕事内容

大きな大会で好結果を出すこと

水泳選手の一番の仕事は、国内外の大きな大会に出場して好成績を収めることです。

トップ選手が出場する大きな大会としては、「オリンピック」や「世界水泳」、「アジア大会」などの国際大会と、「日本選手権」や「国体」といった国内大会があります。

自分の出場する大会をめざして練習し、本番で自己ベストを出したり、上位入賞することが水泳選手の仕事です。

日々の練習が大切な仕事

水泳選手の毎日は、目標とする大きな大会を目指し、練習漬けの日々となります。

練習拠点とするスイミングクラブや大学のプールに通ったり、強化合宿をしながら、大会当日にベストコンディションで臨めるようにします。

出場する大会に照準を合わせ、日々の練習に打ち込むことも、水泳選手にとっての大切な仕事です。

所属企業をPRすること

水泳界にも、ワールドカップなどの賞金レースはあります。

しかし、日頃の活動費や遠征費など競技活動を続けるのに多額の費用がかかることを考えると、水泳大会の稼ぎだけで競技活動を続けるのは難しいです。

高校や大学を卒業した水泳選手のほとんどは企業に所属し、社員選手として競技活動に専念しています。

所属企業から競技生活をサポートしてもらう見返りが、大きな大会で上位に入り、企業の名前をPRすることなのです。

大きな大会で良い結果を出すことが所属企業のためでもあり、結局は自分自身のためにもなります。

スポンサーと契約を結ぶプロ選手

北島康介選手のように、スポンサーと契約し、プロ選手として活動することもできます。

プロ選手になると、CM出演やイベント、テレビ番組などへの出演によっても稼ぐことができ、スポンサーとの契約料や出演料で、活動費や遠征費、生活費などのすべてをまかないます。

しかし、過去にプロ契約を結んだ日本の水泳選手は北島選手だけです。

オリンピックで金メダルを獲得し、かつ国民的ヒーローにならなければ、個人でスポンサーと契約を結ぶことはなかなか難しいです。