水泳選手の仕事内容

大きな大会で好結果を出すこと 水泳選手の一番の仕事は、国内外の大きな大会に出場して好成績を収めることです。 トップ選手が出場する大きな大会としては、「オリンピック」や「世界水泳」、「アジア大会」などの国際大会と、「日本選 … 続きを読む

水泳選手の活躍の場、就職先

トップ選手に高校生や大学生が多い 2012年ロンドン五輪で、競泳の日本代表は、男性14名、女性15名の計29名でした。 そのうち、高校生と大学生、大学院生が半分以上の17名。社会人が、男性6名、女性6名で合わせて12名で … 続きを読む

水泳選手の1日

ここでは、企業選手として活躍する水泳選手の大会前日の1日を紹介します。 大会前日の1日 5:00 ホテルの部屋で起床 試合会場が自宅や寮から遠い場合、会場近くのホテルに入っています。 大会本番のスケジュールに合わせて起床 … 続きを読む

水泳選手のやりがい

自己ベストの更新 水泳選手のやりがいは、何といっても自己ベストを更新することです。 競泳は、レースをすれば、タイムがはっきり出ます。また、練習の時から、何度でもタイムを計ることができます。 現実に、多くの選手が、練習の時 … 続きを読む

水泳選手のつらいこと、大変なこと、苦労

自己ベストがなかなか更新できない時期 水泳選手にとって最もつらいのは、どんなにがんばって練習してもタイムが伸びない時期でしょう。 自己ベストを更新できないばかりか、泳ぐたびにタイムが後退することもあります。 もちろん怪我 … 続きを読む

水泳選手の大会

小中高校生の大会 水泳の大会や記録会は、各地で、さまざまな大会が開かれています。 小中学生のトップレベルの大会としては、「全国JOCジュニアオリンピックカップ」の春季大会と夏季大会、「全国中学校水泳競技大会」があります。 … 続きを読む

水泳選手の現状と将来性

水泳は人気競技の一つ 2012年ロンドン五輪で、日本の競泳選手は、金メダルこそ1つも獲得できませんでしたが、銀メダル3個、銅メダル8個を獲得しました。 オリンピックの種目でも、日本の競泳やシンクロナイズドスイミングは、毎 … 続きを読む

日本の有名な水泳選手 – 古橋廣之進選手

戦争が終わり水泳を再会 古橋廣之進は、1823(昭和3)年、静岡県に生まれました。 小学校の水泳部に入り、学童記録をマークしましたが、太平洋戦争が激しくなり、水泳どころではなくなりました。 さらに、砲弾工場での作業中、左 … 続きを読む

日本の有名な水泳選手-岩崎恭子選手

中学1年で全国大会優勝 岩崎恭子は、1978年に静岡県沼津市に生まれました。 姉が水泳をしていて、「私も泳ぎたい」と5歳でスイミングに入りました。 3歳上のお姉さんも水泳が得意で、地域では表彰台の常連選手。かなりの負けず … 続きを読む

日本の有名な水泳選手 – 稲田法子選手

岩崎恭子選手と同じく中学2年生で代表に 1992年のバルセロナ五輪で、岩崎恭子選手と同じく中学2年生で代表に選ばれたのが、稲田法子選手でした。 初めてのオリンピックは、背泳ぎの100mで12位、200mで15位でした。金 … 続きを読む