水泳選手の生活

シーズン中とシーズンオフでは全く違う

水泳選手の生活は、シーズン中とシーズンオフではまったく違います。

競泳競技のシーズンは、3月〜10月頃までです。シーズン中は、月に1度くらいの割で大きな大会が組まれています。

シーズン中は、自分が出場する大会に合わせたスケジュールによる生活となります。

トップ選手が照準を合わせる大会

とくにトップ選手の場合、まずは4月に開催される日本選手権に照準をしぼった日々を送ります。

この日本選手権の決勝レースで、その年に開催される国際大会の日本代表が決まるからです。

オリンピックや世界水泳、アジア大会などの国際大会は、開催年の夏から秋に実施されます。

4月の日本選手権で代表選手になれば、その後は、出場する国際大会に照準を合わせた生活になります。

オリンピックや世界水泳が開催される年

オリンピックや世界水泳へ出場するには、日本選手権の決勝で2位以内に入らなければなりません。

決勝レースの一発勝負で、過去の実績は一切考慮されません。しかも、日本の水泳界はレベルが高く、代表争いがし烈です。

トップ選手は、オリンピックや世界陸上の開催される年は、少なくとも1年以上前から日本選手権を意識した生活をします。

大会に合わせてスケジュールを組む

トップクラスの選手は、出場する大会の1ヵ月〜1ヵ月半前に合宿を行い、練習の強度をあげます。

大会の2週間前くらいから、トレーニング量や強度を落とし、調整期間に入ります。

その後は、定期的に練習強度を上げて体に刺激を加える一方で、体のゆがみをとるなどの身体調整をしながら、万全の状態で大会に臨みます。

毎日の生活を綿密に計画し、その時、その時の状況に合わせて微調整しながら過ごします。

大会会場への移動

たとえば、日本選手権は東京の辰巳国際水泳場で行われます。大会会場が生活拠点から遠い場合、大会の3、4日前には会場近くのホテルに入り、会場で練習したり、調整する人もいます。

オリンピックや世界水泳のような国際大会になると、大会直前は、日本代表メンバーで一緒に行動します。

開催都市へ入る前に、気候や雰囲気の良く似た都市で事前合宿をすることもあります。

オリンピックはもちろん、日本選手権のような大きな大会になると、大会前日にトップ選手が集まって記者会見を開いたり、レセプション(歓迎会)が開かれます。

大会会場までの移動手段

企業に所属する選手の場合、チームメートと一緒に現地入りすることが多いです。

遠隔地の場合、移動は新幹線や飛行機が使われます。大会会場が近い時は、当日、公共機関やタクシー、会社のクルマ、あるいは家族の送迎などで会場入りします。

大会が終了すると、その日のうちにそれぞれの生活拠点へ戻っていきます。

シーズンオフ

シーズンオフになると、社員選手は、会社に出社する機会が増えます。

仕事内容は、会社によってさまざまですが、スポーツ関連の会社の場合、イベントに出席したり、スイミングスクールの講師になったり、テレビ番組に出演することもあります。

シーズンオフは、休養とトレーニング、体のケアが中心になります。とくに故障やケガをしていれば、治療を優先させたり、体に蓄積した疲労をとります。

トレーニングでも、体幹トレーニングや筋トレ、持久走など陸上で行うトレーニングの割合が増えます。