水泳選手の給料・年収・収入

プロとして活躍する北島選手

アテネ五輪、北京五輪で金メダルを2個ずつ獲得した平泳ぎの北島康介選手は、スポンサーと契約を結び、その契約金で競技生活を送るプロ選手です。

アテネ五輪後には、コカ・コーラ1社だけでも、1年に1億円以上の契約を結んでいると報道されていました。

コカ・コーラのCMやイベントに出演したり、ロゴの入った服を着たりしてPR活動を行いながら、合宿費や遠征費など競技生活にかかる費用をまかなっています。

日本でプロスイマーは北島選手だけ

水泳選手でも、北島選手ほどの実力と国民的人気があれば、スポンサーと契約を結び、プロとして選手活動を送ることも可能です。

ただし、日本の水泳選手で、過去にスポンサーと契約して競技生活を送ったのは、北島選手だけです。

賞金レース

競泳にも、世界各地で行われる「ワールドカップ」という賞金レースがあります。

シリーズを転戦して総合優勝すると約1000万円、2位で約500万円、3位で300万円もらえますが、レースごとの賞金は、1位になっても約15万円です。

賞金レースに出場していくらかの賞金を稼いでも、競技活動には、その何倍もの費用がかかります。

ふだんの生活費に加えて、レースに参加するための遠征費、コーチやトレーナーを雇う費用、プールの使用料などです。

世界を見ても、水泳だけで生活する選手は、やはり高い実力と国民的な人気を兼ね備えたごくごく一部の選手だけです。

社員選手の収入

日本のトップ選手は、大学を卒業するとたいてい企業に就職します。

会社では、仕事を免除され、社員選手として競技生活に専念できます。給料は、大学卒の一般社員と同じ程度です。就職1年目で200万〜300万円が相場です。

それでも普段の活動費や遠征費などを負担してもらえますので、選手としては恵まれています。

それに加えて、強化選手に指定されれば強化費がもらえますし、オリンピックなど大きな大会で活躍すれば、臨時ボーナスも手にできます。

水泳選手として活躍すれば、同世代の社員よりも収入は多くなるでしょう。