日本の有名な水泳選手 – 古橋廣之進選手

戦争が終わり水泳を再会

古橋廣之進は、1823(昭和3)年、静岡県に生まれました。

小学校の水泳部に入り、学童記録をマークしましたが、太平洋戦争が激しくなり、水泳どころではなくなりました。

さらに、砲弾工場での作業中、左手を旋盤にはさまれ、中指の第一関節から切断する事故に遭います。廣之進は「もう泳ぐことができない」と泣き暮れました。

戦争が終わると日大に進学して、なんとか水泳を再開しました。1947(昭和22)年、中指切断のハンディを乗り越え、日本選手権の400m自由形で4分33秒4をマークします。

当時、日本は国際水泳連盟に加盟していませんでしたので、公認はされませんでしたが、世界記録を上回るタイムでした。

世界記録を上回る

翌1948年、ロンドン五輪が開催されましたが、日本は参加できませんでした。

日本水泳連盟は、ロンドン五輪の競泳決勝と同じ日に日本選手権を開催しました。

廣之進は400mと1500mの自由形で、金メダリストの記録と当時の世界記録を共に上回り、敗戦直後の日本で国民的ヒーローとなりました。

「フジヤマのトビウオ」として日本国民の誇りに

その翌年、日本が国際水泳連盟に復帰すると、廣之進はアメリカに招待され、3種目で世界記録を樹立。「フジヤマのトビウオ」と呼ばれ、絶賛されました。

廣之進の活躍は、戦後の復興に乗りだした国民の誇りであり、希望でした。

晩年はスポーツの普及と発展に貢献

1952年、廣之進は、ようやくオリンピック(ヘルシンキ五輪)に出場することができました。

多くの国民が廣之進の金メダルを期待しましたが、すでに選手としてのピークをすぎており、本来の泳ぎができませんでした。

落胆する国民に、実況中継をしたアナウンサーが語りかけました。「日本の皆さま、どうぞ、決して古橋を責めないでください」。「日本の皆さまは温かい気持ちをもって、古橋を迎えてやってください」。

現役引退後は、日本水泳連盟や日本オリンピック委員会の会長も務め、水泳はもちろん、さまざまなスポーツの普及と発展に大きく貢献しました。