数学者の仕事内容、役割

未解決の問題に挑む

数学の研究を行うことが数学者の最も大切にすべき仕事です。

数学の研究とは主に未解決の問題を解き、論文にまとめること。

長い時間をかけて書かれた論文は学会で発表し、専門家に査読され、正当性を評価されます。

この査読にも多くの時間が費やされるため、学問全体の発展のスピードはそれほどはやくありません。

他の研究分野に比べて、その成果がほとんど報道されませんが国内でも優秀な数学者たちが日々学問の発展のために努力をしています。

また解析と同様に今までになかった問題を発見することも数学の研究に含まれます。

その問題が本当に成り立つのかどうか、時間をかけて解析していくのも非常に骨の折れる作業です。

しかし、数学者はみな、研究を心から愛し、数学の美しさに魅了されているため、どんなに困難な状況であっても前向きに職業に従事している人が多い印象を受けるでしょう。

数学教育に貢献する

数学者のほとんどが教育機関に在籍している教員です。

したがって、学生や生徒に授業を行うことも主要な業務に含まれてきます。

大学の場合は比較的研究に費やせる時間も多めですが、高専や高校、中学校ともなると、こちらの業務の比重の方が大きくなることも珍しくありません。

数学は学ぶ側からすると、解けた時の喜びを強く感じやすい学問であるといえます。

その点では教える側の楽しみも大きく、やりがいを感じている数学者がほとんどであると考えていいでしょう。

実績を発信する

研究者全般にいえることですが学会に出席するために国内外問わず出張することが多くなります。

自分が論文を発表する時などは準備期間も含め、激務になり、場合によっては睡眠時間を削ることもあります。

同様に、書籍の執筆や講演など、イレギュラーに入ってくる仕事も多く、研究が進まない期間もあるのが現状です。