数学者になるには

博士は必ず取得を

大学院まで進学することは研究者全般に必要な学歴です。

数学者の場合、数学研究科への進学を目指しましょう。

学部も理学部数学科であることが望ましいですが、理系であれば目指すことは不可能ではありません。

そのためにも高校から理系選択をしておく必要があります。

大学院に進学したらとにかく自身の研究を深化させましょう。

学生という身分で研究に没頭できる時間は貴重です。

この時に実績を作れればその後の進路に大きくプラスになります。

また、博士課程を修了するためには研究論文を作成し、正当性を認められる必要があります。

長期戦を覚悟しよう

数学者を志す人の多くは大学教授という立場で研究職につくことを目的にしています。

このポストはそれほど数がないのが現状です。希望を叶えるまでに長い期間がかかることは覚悟しておくべきでしょう。

それまで講師や助手などで大学に籍をおくことも視野に入れておく必要がありますがこれも狭き門です。

ポスドクとして研究室に残るにしても生計を立てるまでには至らない場合がほとんどです。

教師として生計を立てる

小中高の教員を職業とする傍らで余暇を利用して研究に励み、実績を作る努力をするという方法もあります。

大学、大学院在籍中に教員免許は取得しておくと良いでしょう。

また高専の教員として活躍する数学者も多くいます。

大学教授に比べて目指しやすいため、段階を踏んで活動の場を考えるのもいいかもしれません。

研究所は超難関

数学専門の研究所やそれ以外の研究所に所属している人も少数ながらいます。

また、官公庁や企業でも専門性の高い分野に従事しながら研究活動を続けることも可能です。

いずれにせよ超がつくほどのエリートに開かれた進路であるため、目指す場合は並以上の努力と才能が必要です。

そのため、大学教授として立場が確立した上で開けてくる進路であるという見方もできます。

留学も視野に

数学者の中には海外の大学や研究所に在籍している人もいます。

日本より数学研究が進んでいる国もあるため、海外に活躍の場を求めるのも良いでしょう。

学生時代に留学をするのも進路の幅を広げるのに適しています。

もちろん研究と並行して語学力向上のための努力も必要。

容易ではありませんが活躍している数学者の進路としては珍しいものではありません。