寿司職人の給料・年収

見習い期間の給料は低い

一人前の寿司職人になるには専門学校などで学ぶほか、見習いとしてお店に就職し、働きながら技術を身につけるという方法があります。

専門学校などを修了した場合も、もちろんそれだけですぐ一人前になれるわけではありませんから、就職したら初めは「見習い」扱いなのは同じことです。

その場合の気になるお給料ですが、残念ながら「教えてもらってお金をいただけるだけありがたい」と考えるべきという程度のものです。

食事はついているので、寮つきのところに就職するか、自宅から通うのであれば何とか生活はしていけるでしょうが、仕事をして一人で部屋を借りて住むというには足りないお給料であるといえるでしょう。

一人前になってからの収入は

見習い期間が過ぎ、自他ともに一人前と認められるような仕事ができるようになったらどれくらいの収入を見込めるでしょうか。

それは勤め先によってまちまちですが、中堅どころで平均年収は300~400万円といったところです。

仕事のハードさ、一人前になるまでにかけた努力などと見合わせれば決して恵まれた収入とはいえないかもしれませんが、「好きな仕事に就けた」という満足感はお金でははかりしれないものです。

心から仕事を愛し、仕事に満足できるなら、仕事ライフも含めた生活全般を楽しめないような金額では決してありません。

独立開業の夢

寿司職人に限らず、人に雇われて働くのと、独立開業して成功するのとでは収入に雲泥の差がありますし、社会的地位としてもまたしかりです。

独立開業するとなると寿司職人としての腕だけではなく経営の才覚も必要になってきますが、それだけに、成功すれば平均的なサラリーマンよりもはるかに高収入を得ることも夢ではありません。

一生を被雇用者で終えるのか、独立開業の可能性も視野に入れて寿司職人という職業を考えるのかどうか、収入面については初めからそこを考えておくのもよいでしょう。