スタイリストに向いている人、適性

人並み外れたセンスは必要なし

スタイリストになりたいけれど、自分にはセンスがないし、ビジュアルもよくないからスタイリストには向いていない…。そんなことを思っている人がいるかもしれません。

しかし、スタイリストに必要なのは、誰もがうらやむようなルックスや並外れたセンスではありません。学歴や資格も求められません。必須要素とすれば、「情熱」と「根性」と「気配り」です。

仕事を進めるうえで、ある程度のセンスや感性は必要ですが、仕事を「好き」になれるようであれば、センスは自然と身についていく部分も大きいのです。

では、スタイリストに向いているのはどのような人か見ていきましょう。

「スタイリストになりたい!」という情熱が強いこと

まず、スタイリストはアシスタントから始めなくてはなりません。アシスタントの間は、あくまで修業期間。お金はもらえないものだと思って仕事をする必要があります。

さらに、自分でモデルをコーディネートするような第一線の仕事を任されることはほとんどなく、最初は雑用ばかりです。

ここの時点で、「想像と違った」「華やかな世界でない」といって去ってしまう人も多いといわれます。決して楽な仕事ではありませんから、半端な気持ちでは逃げ出したくなってしまうのも仕方ありません。

「どうしてもスタイリストになりたい!」といった情熱を持ち、目標に向かって突き進めるような人が向いています。

立ち仕事をこなす体力と、強い精神力

スタイリストは、毎日重い荷物を持って出歩いたり、撮影が長時間に渡ったり、現場によっては深夜や早朝に働かなければならないこともあります。

仕事中は立ちっぱなし、かつ限られた時間内でスピーディーに動き回ることも多いため、体力があるに越したことはありません。

とくにアシスタント時代は先輩や周囲の人たちからあれこれ指示されたり、時には怒られたりすることもあるでしょう。

そういった時、落ち込んで暗い顔をするのではなく、すぐに気持ちを切り替えて明るく振る舞えるような人が向いています。

周囲の人に対する気配り

「スタイリストはセンスが良ければ勝手に仕事がやってくるもの」と思っていたら大間違いです。

高名なスタイリストも、みな最初は地道な雑用をこなし、関わる人たちに笑顔を振りまいてようやく仕事をもらえるようになったのです。

また、雑誌やテレビ番組の制作現場では、モデルにカメラマン、ヘアメイク、出版社、制作会社…と多くの人が関わります。

ここで周囲に自然な気配りができ、みんなから「一緒に仕事をしていて気分がいいな」と思われればしめたものです。

人の心を解きほぐせる人は、フリーになった時にもさまざまな仲間が助けてくれることでしょう。

自分自身を磨き続ける努力ができる人

スタイリストになるのに資格などは必要ありませんが、仕事をするうえではファッションはもちろん、流行のヘアメイクやカルチャーに対する知識も、人並み以上に必要となってきます。

知識があればクライアントの意図することに応えやすくなりますし、応用力を利かせてより良い仕事ができ、次の大きな仕事にもつながっていきます。

芸術作品にたくさん触れて、感性を豊かにすることも仕事に役立つでしょう。

こういったことを誰に言われるでもなく、自主的に自分自身を磨こうとしたり、雑誌やテレビなどをチェックして、世の中の動きにアンテナを張れる人が向いています。

仕事で求められるセンスは、経験でいくらでも身につきます。

スタイリストとして成長するためには、ファッションを「カッコイイ」「オシャレ」と上辺だけのイメージで接するのではなく、その本質を自分なりに見極め、多くの人が携わる「仕事」として捉えられるか、といったところが大切です。

仕事体験談