スタイリストに美容師資格は必要?

特別な資格は必要なし

現場に合わせて、俳優や女優、モデル、タレントなどの衣装をコーディネートするスタイリスト。

この職業に就いて働くうえでは、基本的に美容師免許は必要ありません。

美容師のように、美容学校を出て国家試験に合格しなくてはならないという決まりもなく、服飾系の専門学校で学んでスタイリスト事務所に就職する人もいれば、早くからプロのスタイリストの弟子となって現場で仕事を覚えていく人もいます。

美容師免許以外にも、何か特別な資格が求められることはなく、どのような人でも意欲次第でスタイリストを目指すことが可能です。

→→美容師の仕事

美容師の「スタイリスト」との違いに注意

スタイリストに資格が必要かどうか考えるときに気を付けておきたいのは、美容師の世界では、見習いを終えた一般的な美容師のことを「スタイリスト」と呼ぶケースが多いことです。

この意味での「スタイリスト」であれば、美容師としてお客さまの髪の毛のカットやカラーなどの施術を行うため、美容師免許が必要です。

したがって、「スタイリスト」といったときに、果たしてそれが洋服やアクセサリをコーディネートするスタイリストという職業のことを指しているのか、それとも美容師の通称としてのスタイリストのことを指しているのかに関しては確認してから判断したほうがよいでしょう。

美容師免許を持って仕事の幅を広げる

先に述べた通り、スタイリストという職業に就くうえで美容師免許は必要ありませんが、もし美容師免許を取得すれば仕事の幅を広げられる可能性があります。

たとえば、スタイリストはフリーランスで活躍する人もいますが、もし美容師免許を持っていれば、ヘアメイクと洋服のスタイリングをすべて一人で担当することも可能になります。

スタイリストも専門性が問われる職業であるため、美容師と兼業で働くのは実際には難しいでしょうが、どちらも「人をより美しく魅せる」という点では共通しているところがあります。

仕事体験談