スタイリストの専門学校・スクールで学ぶこと

スタイリストになるための学校といえば、服飾系の専門学校やスタイリストスクールが挙げられます。カリキュラムや講座内容は学校によって異なりますが、主に以下のような内容で構成されていることが多いです。

ファッション業界の仕組み

マーケティング、流通、企画、生産など、ファッションビジネスがどのように成り立っているのかを全般的に学びます。

スタイリングのテクニック・実習

スタイリストとして現場に出る時に必要なスキルを学びます。具体的にはアイロン掛け、靴の底張りの方法、ネクタイやスカーフの結び方、服のサイズ調整などです。

また、さまざまな撮影シーンを想定したコーディネート実習を行い、実践的な力を養います。

学校によっては「広告やメディア業界で活躍したい」「百貨店などのショップで活躍したい」など、目指す方向性に合わせたコース別の講義を行っていることもあります。

ポートフォリオ制作

ポートフォリオとは、自分自身の「作品集」となるものです。

スタイリスト事務所へ就職する場合や、アシスタントとして弟子入りする際など、自分の基礎的なスキルやセンスを証明できるものとして使うことができます。

ファッション資格関連

「カラーコーディネーター検定」「パーソナルカラリスト検定」「洋裁技術検定」など、ファッションの世界で活躍するために役に立つと思われる資格取得に向けたカリキュラムが組まれている学校もあります。

このような資格はスタイリストになるうえで必須のものではありませんが、ファッション業界で活躍していくうえでの武器になるでしょう。

その他

これらファッションに直接関わる講義以外に、洋服のデザインや画像加工の際に使うことになる「Illustrator」や「Photoshop」などのソフトの扱い方を学べる学校もあります。

また、英語の授業に力を入れる学校や、提携校への留学制度を通して海外で専門分野を学べる経験ができる学校もあります。

仕事体験談