スタイリスト曽根原 未彩さん

神奈川県川崎市出身。東北学院榴ヶ岡高等学校卒業後、Venus Acadmyに入学。在学中にインターンでアシスタント業務を経験後、正式に〜evi style 藤井エヴィ スタイリストアシスタントでスタイリストアシスタントを始める。約1年後独立し、フリースタイリストとしてje le colore名義で現在も活躍中。

座右の銘:諦めたらそこで試合終了

今の仕事内容を教えてください

「現在は、フリーでスタイリストをしています。主にメンズ・レディース問わず、特定のタレントさんの専属スタイリストとしてTV番組などを中心に仕事をしています。私は特にスタイリスト事務所に所属してる訳ではないので、単発として何か仕事があればさまざまな仕事もやらせて頂いてます。

この仕事に興味を持ったきっかけはなんですか?

元々服は好きでしたが、最初はエステ業界を目指していました。そんな気持ちで入学した専門学校の1年生時のカリキュラムがファッションや美容全般を学べる内容だったんです。1年間授業を受けた結果「やっぱり服が好き!」といった結論に自分の中で辿り着き、2年生からスタイリスト科を専攻した、ということがきっかけです。

この仕事に就いた経緯を教えてください。

スタイリスト科で勉強していた2年生の時、将来師匠となる方から学校側にインターンのオファーが来たんです。その時「やってみよう!」と思い、アシスタントととして頻繁に働いていました。実は、通っていた学校はインターンの場合公欠扱いになり、授業は欠席にならないシステムだったんです。でも私は公欠の枠を使い切ってしまい、授業休めなくなってしまったんです(笑)

学校を休めなくなった後はアシスタントは辞めたんでしょうか?

学校側が、今師事しているスタイリストさんの場所に就職するのであれば公欠扱いで良い。といってきたところ、師匠が「じゃぁウチで働いちゃいなよ」何て軽いノリで決まってしまって笑結局卒業した後、その方の下に就きスタイリストアシスタントとして働き始めました。

フリーのスタイリストになった経緯を教えてください。

1年間程スタイリストアシスタントを続けていくうちに、自分自身でもちょっと仕事がもらえるようになってきたことに加え、友人たちとファッションショーなどをしていて「もう一人で働いていけるかも」といった気持ちになっていったんです。そこで師匠に相談したら「自分もそろそろ良い時期じゃないかな、と思っていたよ」といわれ思いきって独立しました」

今の状況になるまで何か苦労はありましたか?

とにかくアシスタント時代は辛かったです!朝は早いし、夜は遅いし。しかもそういったサイクルも安定せず、生活リズムが乱れていたことです。それと、とにかく給与が安いので大変でした。フリーになった後も1年間くらいは仕事が安定せず、アルバイトをしたりとどうにか生活を成り立たせていました。

仕事体験談