派遣のスタイリスト

派遣のスタイリストとして働く

スタイリストは、スタイリスト事務所などに所属して働いたり、フリーランスでお客さまと直接契約を結んで働くこともできますが、派遣のスタイリストとして仕事をする人もいます。

派遣のスタイリストは、お客さまのさまざまな依頼に応じて指定の現場へ出向き、スタイリングのサービスを提供します。

仕事現場の種類は、雑誌や広告、CM、ムービーなどの撮影現場のほか、各種イベントや舞台など多岐にわたります。

衣装のスタイリングのほか、衣装製作やレンタル、ヘアメイクなどのサービスをトータルで提案する会社もあるようです。

派遣のスタイリストとして働くには

もし派遣のスタイリストとして働きたいと思った場合には、いわゆる「スタイリスト出張サービス」のようなものを手掛ける会社にスタッフ登録することが近道となるでしょう。

基本的には経験者やスキルのある人が求められますが、アシスタントという形であれば、現場経験がない人でも採用されることがあるようです。

実力や実績次第で、より難易度の高い案件に挑戦できるようになったり、給料アップする場合があります。

とくに多様な現場経験を積みたいという人には、派遣の働き方も適しているかもしれません。

パーソナルスタイリストの派遣の仕事も

近年需要が拡大しているのが、芸能人ではない一般の人に対してファッションのアドバイスやスタイリングを行う、パーソナルスタイリストの派遣サービスです。

パーソナルスタイリストは、特別な日のファッションや自分に似合う洋服を探したいと考えるお客さまの元へ出向き、お客さまのニーズに応えながら魅力を引き出すファッションを提案します。

もともとスタイリストといえば、芸能人など特別な人のみに技術を提供する存在として認識されていましたが、最近ではこうしたパーソナルスタイリストの派遣サービスを手掛ける会社も徐々に増えつつあり、今後はさらにニーズが増えていくものと考えられます。