フリーランスのスタイリスト

フリーランスのスタイリストになるには

スタイリストはフリーランスとして働く人が多い職業です。しかし、いくらスタイリストが特別な資格や学歴が必要ない仕事だとはいえ、いきなりフリーになって仕事が勝手に舞い込んでくるわけではありません。

まずは業界で経験とスキルを積み上げ、一人でやっていけるだけの地位や人脈を築くことが大切です。

一人前のフリースタイリストを目指す場合、基本的にスタイリストのアシスタントからスタートし、「師匠」となる先輩スタイリストに付いて、さまざまな雑用をこなしながら仕事の流れを肌で覚えていきます。

ポイントは、できるだけ活躍している師匠に付くことです。

そのほうが仕事量も多く、多様な現場で経験を積むことができますし、いずれ独立する際にも「○○さんのアシスタント経験あり」といった風に、実績としてアピールしやすいからです。

また、自分の目指す方向性が決まっていれば、それに近いスタイリストに付くこともよいでしょう。

早い人は1年程度で独立しますが、全体としては2〜3年程度のアシスタント経験を経てから独立する人が多いようです。

フリーで成功するために大切なこと

スタイリストは年齢を重ねるほど実力の差が表れてくるため、若いうちに必死で努力してセンスを磨き、人脈を築き上げていかなければ、いくつになっても新人時代のような安価な仕事ばかりをやることとなり、大幅な収入アップは望めません。

フリーにの売れっ子になれば、一般的な会社員よりも多くの収入を得ることが可能ですが、少し努力を怠ると一気に収入が落ちる可能性もあります。

自分の行動が全て自分に跳ね返ってくるという面が大きく、こういった不安定さは覚悟しておく必要があります。

フリーでやっていきたいのであれば、まず「自分の仕事は自分で見つける」いった強い精神力を持ち、精神面も含めてしっかりとセルフコントロールすること。

そしてすぐに結果が出なくても、目の前の仕事を一つずつしっかりとこなし、クライアントからの信頼を得ること。こういった地道な努力を続ける姿勢が求められます。