スポーツトレーナーの種類

「スポーツトレーナー」という呼び名は、言ってみれば、スポーツ選手を身体面からサポートする人の総称です。

担当する分野によって、さらに「アスレティックトレーナー」、「メディカルトレーナー」、「ストレングストレーナー」、「コンディショニングトレーナー」、「フィットネストレーナー」などに分かれています。

アスレティックトレーナーはスポーツ傷害を担当

「アスレティックトレーナー」は、選手が打撲や裂傷などのケガをした時、症状に応じてアイシングやテーピング、止血などを行うトレーナーのことです。

また、疲労回復のためのスポーツマッサージを行ったり、リハビリなども指導したり、ケガを予防するため、体のケア法なども指導します。

試合中に倒れた選手がいる時、コールドスプレーや救急箱を抱えて飛びだしてくるのが、このアスレティックトレーナーです。医者の資格は持たなくても、柔道整復師やハリ師、灸師、あん摩マッサージ師などの国家資格をもつ人が多くなっています。

メディカルトレーナーはケガからの復帰をサポート

「メディカルトレーナー」は、ケガからの復帰が少しでも早くなるように手助けするトレーナーです。たとえば、スポーツ選手が骨折をした時、骨折そのものを治すのは医者で、歩行訓練といったリハビリを担当するのが理学療法士です。

メディカルトレーナーは、医者や理学療法士の手を離れた後、スムーズに競技生活に戻れるように手助けします。また、骨折した選手が右足にギブスをしている場合でも、左足や両腕、体幹部のトレーニングはできます。

ケガで休んでいる間のトレーニング補助もメディカルトレーナーの仕事です。

ただし、スポーツの現場では、「アスレティックトレーナー」が兼任するケースが多く、アスレティックトレーナーが「メディカル担当」と呼ばれています。社会的には、介護施設で、骨折などをしたお年寄りの回復トレーニングに携わるケースが増えています。

ストレングストレーナーは、身体能力の向上めざす

「ストレングストレーナー」は、パフォーマンス向上のため、筋力トレーニングを始めとしたさまざまなトレーニングの指導を行うトレーナーです。

人間の体とトレーニング法に精通し、競技特性に応じてチーム全体で取り組むトレーニングと、選手ごとの個性、各ポジションに応じたトレーニングを指導します。ジャンプ力や持久力、瞬発力など、運動能力を上げるためのトレーナーと考えてもよいでしょう。

フィットネストレーナーを経てスポーツトレーナーになる人も

「フィットネストレーナー」は、スポーツジムやフィットネスクラブなどで、個人のニーズに合わせた運動プログラムを提供するトレーナーです。ダイエットやメタボ対策を中心に、市民ランナーや故障した大学や高校の選手などが対象です。

日本体育協会のスポーツプログラマーや日本ストレングス&ジンディショニング協会(NSCAジャパン)のパーソナルトレーナー(CPT)、健康・体力づくり事業財団による「健康運動指導士」などの資格があります。

フィットネストレーナーで経験を積みながら人脈を築き、スポーツトレーナーとして活動する人もいます。