スポーツトレーナーの生活

スケジュールは担当するチームや選手に合わせる

スポーツトレーナーのスケジュールは、担当するチームや選手のスケジュールと同じです。プロスポーツの場合、シーズン中は、試合日程に応じて練習と試合、休日の予定が決まってきます。

社会人チームの場合、通常は午後に練習で、大会中は休みなしの臨戦体制となります。また、大学や高校の通常練習は、放課後か、休日にあり、随時大会やリーグ戦が入ってきます。

選手の集合時間より1時間前に出勤する

スポーツトレーナーは、通常の練習でも、全体の集合時間より1時間早く到着します。練習前に、ケガをしている選手やコンディションの悪い選手に対応しなければならないためです。

また、必要な選手にテーピングを行ったり、集まってくる選手たちの表情やコンディションの確認も大切な仕事です。さらに、救急箱の中身もチェックし、不足しているものがあれば補充しておきます。

また、練習中に摂取するスポーツドリンクなども用意します。

ウォーミングアップが始まれば、選手の動きをチェックします。普段と比べて動きが微妙に違う選手やコンディションの良くない選手には声をかけ、筋肉に違和感があったり、どこか痛いのか、単にやる気の問題なのか、その原因を探ります。

また、走り始めると、体のバランスをチェックして、選手個々のコンディションを把握します。一流のトレーナーは、選手の走る姿を見るだけで、どの部位に疲れがたまっているか、違和感があるかわかります。

技術練習が始まると、また選手の動きを見てバランスをチェックします。普段通りの動きができていない選手を見つけたら、その動きを見て原因を探ります。

また、ゲガなどで練習に参加できない選手に、リハビリ指導や別メニューのトレーニング指導を行います。練習中にケガなどのアクシデントがあれば、ただちに対応します。

練習場から帰るのは、たいてい最後の方

選手には、痛みや違和感をもちながら、練習に参加している選手がいます。練習を見て、その日の状態をチェックすると同時に、本人に状態を確認しておきます。

クールダウンやアイシングの指導も行います。練習終了後、トレーナーに相談したり、マッサージを求める選手もいますので対応します。さらに、選手の求めによって、筋力トレーニングや居残り練習に付き合うこともあります。

選手が頼ってくれば、プライベートの予定があっても「いいよ」と言わざるを得ない雰囲気があります。

大会が近づくとゆっくり眠る時間がなくなる

スタッフミーティングに参加して、監督やコーチに、選手のコンディションを報告します。とくに主力選手がケガで休んでいたりすると、事前に医者から説明を受けておき、最新情報を伝えます。

大会が近づいてきたり、大会中、さらに合宿中は、スポーツトレーナーに休みはありません。練習後や夕食後、選手たちの体のケアをして、翌日の予定を考えていると、一日に20時間近く働くこともあります。

休日にも、病院へ行く選手や故障中の選手の個人トレーニングにつきあったりすることがあり、満足に休めないことが珍しくありません。