スポーツトレーナー千葉 祐貴(ちば ゆうき)さん

愛知県出身。国士舘大学 体育学部体育学科卒業後、株式会社リアルフィジカルトレーナーズへ新卒入社。パーソナルトレーナーとして勤務するほか、アスリートのストレングス&コンディショニングコーチとして活躍。現在は執行役員としてマネジメントにも携わる。「全米公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(NSCA-CSCS)」保持。

HP:株式会社リアルフィジカルトレーナーズ

この職業に興味を持ったきっかけを教えてください。

僕はもともと野球をやっていて、高校時代には、外部のトレーナーのところで個人的にトレーニングを受けていました。

その後、プレイヤーとしてはもう終わりだなと考えて、将来の自分の姿をイメージしたとき、スポーツに関われる仕事、プレイヤーのそばにいられる職業という観点から、スポーツトレーナーという仕事に興味を持ちました。

そこから、どのような進路をたどってこられたのですか?

高校卒業後は、国士舘大学の体育学部へ進学しました。親が体育の教員だったので、当時は僕も教員になることを考えていたんです。

実際、教職課程を経て教員免許を取得しましたが、もう少しスポーツの現場に根ざした仕事がしたいと思うようになり、トレーナーになることを決意しました。

そして、いろいろな就職先の選択肢を考えているなかで当社に出会いました。

千葉さんの仕事内容を教えてください。

はじめに、スポーツトレーナーの種類を簡単に説明しましょう。

スポーツトレーナーといってもさまざまな仕事があって、僕は「ストレングス&コンディショニングコーチ」といわれるものをやっています。

簡単にいえば、スポーツ選手や一般の方の筋力や心肺機能などを強化すること、つまり「身体づくり」をしていくためのトレーニング指導を行う仕事です。

一方、ケガから競技復帰するためのリハビリや、試合でテーピングをするトレーナーは「アスレティックトレーナー」と呼ばれています。

また、治療に携わる「メディカルトレーナー」といわれる人もいます。トレーナーの世界では、強化からリハビリ、治療まで全部やる人もいますし、僕のように強化をメインでやっている人もいます。

会社に入ってからは、どのように勉強や技術を学んできたのでしょうか?

入社当時は会社が設立して間もなかったこともあり、代表から直接指導を受ける機会も多くありました。

そしてストレングス&コンディショニングコーチの代表的な資格である「NSCA」というものを取得し、おもにスポーツジムで一般の方向けのトレーニングをしていました。

現場で学ぶことも多かったですが、同時に自分で専門書を読むなどコツコツと勉強していましたね。しばらくして会社のジムができてからは、そこに勤務するようになりました。

今は一般の方からプロの選手まで、いろいろな方を指導しています。

ジムに通われている一般の方は、どのような方が多いのですか?

たとえば趣味でゴルフやテニスをしていて身体を強化したい方、最近だとボルダリングやマラソンをしている方も多いですね。

あとは運動不足を感じている方や、年配の方で膝や腰が痛いのを改善したいという方もいらっしゃいます。ちなみに僕が今担当している方で最年長は、80歳くらいの女性です。