スポーツインストラクターのトレーニング

まず取り組むのは笑顔の作り方

スポーツインストラクターが、まず取り組むべきトレーニングは「笑顔の作り方」といわれています。

スポーツインストラクターの最も大切な役割は、スポーツジムやフィットネスクラブの利用者を笑顔で明るい気持ちにさせたり、励ますこと。そのためには、いつも笑顔で接することが必要です。

鏡を見てニッと笑う練習を繰り返す

ところが、いざ笑顔を作ろうとすると、なかなかうまくいかないものです。どんな場面でも自然に笑顔が作れる人もいますが、そういう人は少数派かもしれません。

多くの人は、笑顔を作ろうとすると、どこかぎこちなくなりやすいです。顔が引きつっていたり、表情が硬かったり、目が笑っていなかったりしがちです。

といっても、人前で行うのですから、緊張してぎこちない表情になっても、それは仕方ないことです。

そこで、スポーツインストラクターには笑顔の練習が必要なのです。鏡を見ながら、ニッと笑います。これを繰り返していれば、人前に出ることにも慣れ、自然な笑顔を作れるようになるはずです。

体型の維持に努める

スポーツインストラクターは、常に体型を維持しなければなりません。

スポーツジムやフィットネスクラブへ通う人の多くが、体力増強とともに、より理想の体型をめざしています。

そのため、スポーツインストラクターが太っていたり、会うたびにぽっちゃりしているのでは、利用客のやる気も損なわれます。

ほとんどのスポーツジムやフィットネスクラブで、スポーツインストラクターは、マシンなども自由に使えます。時間を見つけてはトレーニングを行い、自分の体型にも気を配っておくことが必要です。

テレビや雑誌でトレーニングや健康情報を入手する

日ごろから、テレビや雑誌で、トレーニングや健康に関する情報を仕入れておくことも重要です。

スポーツクラブやフィットネスクラブの利用客は、テレビや雑誌のトレーニングや健康情報に敏感です。

トレーニング中にも、そうした話題を持ち出してくることがあります。そのとき、インストラクターも同じ番組を見ていたとか、少なくとも内容を知っていれば、相手の気持ちも盛り上がります。

スポーツインストラクターの仕事の中では、ちょっとしたことですが、利用客の興味に敏感でいることも大切な気づかいの一つです。