子ども向けスポーツインストラクターの資格の種類

幼児から小学生にスポーツを指導する

子ども向けのスポーツインストラクターは、幼児から小学生までの子どもたちが、楽しく、安全にスポーツできるように指導します。

そして、スポーツや遊びを通じて健康な体と心、動作などを育むことを目的としています。

スポーツクラブやスポーツジム、商業施設、さらには保育園や幼稚園などで、子どもを対象としたスポーツ教室の運営や指導にあたります。

子ども向けインストラクターの資格がなければ、子どもを対象としたスポーツ指導ができないわけではありません。

しかし、資格をもつ方が、スポーツジムや商業施設などの主催者としても、スポーツ教室の運営や指導を任せやすいはずです。

現実には、スポーツジムやフィットネスクラブなどで働くスポーツインストラクターが、資格の一つとして取得しているケースが多いです。

いくつかの団体が資格を認定

子ども向けスポーツインストラクターの講習会を開いたり、資格を認定したりする団体がいくつかあります。

団体によって、資格は「チャイルドスポーツインストラクター」「キッズスポーツインストラクター」「ジュニアスポーツ指導員」などと呼ばれています。

専門学校の中には、子ども向けのスポーツインストラクターコースを設けている学校もあります。

日本体育協会の「ジュニアスポーツ指導員」

子ども向けのスポーツインストラクターの資格の中で、最も有名なのは、日本体育協会の「ジュニアスポーツ指導員」です。

資格条件は満20歳以上で、申込は規定期間内に日本体育協会へ行います。

資格取得には、まず、NHK学園の通信講座で35時間の共通科目(スポーツの概念と歴史、スポーツ指導者の倫理、トレーニングの進め方など)と、40時間の専門科目を受講します。

専門科目は、全国2会場(東西)で、前期3日間、後期2日間の講習会が実施されます。受講料は、共通科目、専門科目合わせて43,200円です。(データはいずれも平成26年度)

共通科目は1年以内、専門科目は4年以内に受講を完了しなければなりません。

日本体育協会の指定する大学、短大、専門学校で学ぶと、講習や試験の一部が免除される場合があります。

合格の目安は、共通科目の場合、3回に分けて課題を提出し、満点の6割以上の評価で合格です。専門科目は、筆記試験を行い、満点の6割以上で合格とされます。