スポーツインストラクター渡沼 紗智子さん

園芸高等学校卒業後、ガソリンスタンド、鉢物を扱う花屋、スポーツジムトレーナーなど、さまざまな職種を経て、フリ―インストラクターとして活躍する。得意種目はキックボクシング、シェイプリーキック。J-NETWORを中心にキックボクシング系のレッスンを多く行っている。

座右の銘:井の中の蛙にならない

HP:レーング東中野ジム 

スポーツインストラクターの仕事内容を教えて下さい。

私の場合はキックボクササイズ、シェイプリーキックのレッスンを主に行っています。

フリーで働いており、いくつかの会社でレッスンをさせて頂いているのですが、ほとんどがキックボクシングの系統です。

一日の流れはどのようなものですか?

スポーツインストラクター以外にも、何足も草鞋を履いているので日によって違います。レッスンだけでは収入面で生活できないので。

その他には、スポーツ関係でいくつか仕事を行っています。

他にはどのような仕事をされているのでしょうか?

お客さまにご予約を入れて頂きマンツーマンでレッスンを行っています。レッスンでは私がミットを持って、お客さまがミットに対してパンチやキックを出してもらうパーソナルでのキックボクシングです。

あとは、筋肉トレーニングの仕事ですね。それとお客様が柔軟性を高めたいということで、マスターストレッチというものを教えています。

元々はバレリーナやダンサー専門のストレッチです。専用の靴を履いて、バレーバーを使用しストレッチをしますが、特に背面から足の裏にかけてのストレッチになります。

他の仕事もスポーツ系のものばかりですね。スポーツインストラクターを目指そうとしたきかっけはありますか?

シェイプリーキックという、キックボクシングにエアロビクスの動きを取り入れたエクササイズを開発された方に憧れたことがきっかけですね。スポーツの世界に入ったのもその方に憧れてです。

スポーツインストラクターになるまでの道のりはどのようなものでしたか?

元々、J-NETWORKのジムの会員だったんです。そこからキックキックボクシングでアマチュアの試合などに出たりしました。

ただ、プライベートなことから一回ジムを辞めました。実家に帰ることになり、実家の近くにもキックボクシングのジムがあったので、そこのジムに通い、そこでプロで試合に出ないかと声を掛けられました。

プロとして出るようになったのですが、続けていると親に「いい加減試合出るの止めなさい」と怒られるようになりました。怪我が多く、体に良いものでもないということもあり…。

その後、また実家を離れ「こっちに戻ってきたんだよ」とJ‐NETWORKの方に連絡をしたときに「シェイプリーキックで先生にならない?」という風にお声を掛けてもらい、それがきっかけでスポーツインストラクターになりました。

スポーツインストラクターとしての苦労はありますか?

人前に立つことには苦労しました。元々、内気なんで…。あとは、働く職場によってはレッスンの参加人数が少ないと契約を切られてしまいます。お客さまを呼ぶことは大変ですね。

逆に、インストラクターとしてのやりがいはありますか?

前に出ていると、レッスン中の音に合わせて生徒さんと自分との一体感が分かります。生徒さんと動きなどが一緒になったりするのが楽しいですね。だんだん、目に見えて生徒さんが成長していくのが感じられるんです。

そうやって、生徒さんと親しくなっていくと、体のこの部分が良くなったとか、体重が落ちたとか言ってくれる方がいらして、そういう風に言ってもらえるとやりがいを感じます。いろいろな仕事をしましたが、今の仕事が一番やりがいを感じています。