僧侶(住職・坊さん)の給料・年収

初任給は会社員並み

僧侶の平均的な初任給は、寺院の規模や地域によっても異なりますが、大体15〜18万円位であるといわれています。一般的な会社員とさほど変わらないと考えていいでしょう。

その後、修行を積んで経験年数が長くなれば収入が増加していくという点もサラリーマンと同じです。

寺院の経営者的立場である住職になると、檀家の多い大規模な寺院の場合、月収で100万円近くになることもあります。

葬儀や法要が主な収入源

寺院の収入の大部分は、檀家によるお布施と葬儀や法事の際に発生する寄付金です。

葬儀の際は、葬儀社からだけではなく、遺族から直接依頼があることも多く、地域社会との関わり方が収入増加のためのポイントになってきます。

また檀家数の差も収入の差に結びつきます。

お布施や寄付金以外にも幼稚園などの教育機関や駐車場、アパートなどの不動産を経営し収益をあげている寺院もあります。

寺院は税金がかからない?

寺院は営利を目的としない団体が法人化した宗教法人にあたります。そのため、お布施や寄付金には税金がかかりません。

ただしそれは団体の管理維持のための優遇措置です。寺院の収入からそれぞれの僧侶に支払われる給料は個人資産にあたるため、当然所得税や住民税をはじめとする納税の義務が発生します。

また教育機関や不動産などの経営で得た収入にも課税されます。

寺院の経営者、住職を目指すには

寺院を経営・管理する住職になるには、二通りの方法があります。

一つが跡取りのいないお寺に弟子入りし、そのまま住職になる方法。もう一つが、仏教の本山からの推薦を受け、お寺に住職として派遣される方法です。

住職になるには

僧侶として収入を延ばすには、住職を目指すのも一つの方法です。しかしそのためには厳しい修行を積み、仏教に関する深い理解と多くの知識を得る必要があるため、容易な道のりではありません。

この点に関しても、会社員が昇格していく過程と共通するといえるでしょう。

ただ僧侶としての喜びや価値は金銭には替えがたいものがあります。

僧侶としてどのような人生を送りたいのか、また送るべきなのかを考えることも修行の一環であり、その先に進むべき道がみえてくるはずです。