僧侶(住職・坊さん)の資格

必要な資格はない

仏教には多数の宗派が存在し、それぞれの宗派によって仏門への入り方、修行の仕方、僧侶のなり方なども異なってきます。

しかし仏門に入り、修行をするために必要な資格が特別あるというわけではありません。

ただし僧侶になるまでに、仏教を深く理解し、知識を増やしておく必要があります。

そのため、一般的には仏教系の大学、学部に進学して学問をし、卒業後、仏門に入って修行をするという手順を踏むことがほとんどです。

お経は誰でもあげられる

僧侶は特別な資格の取得を課し、一部の人間で業務を独占している職業ではありません。したがって寺院に勤めているわけではない人でも、依頼があればお経を唱えてお布施をもらうことができます。

実際に、アルバイトとしてお経をあげている人もいます。

厳しい修行を経て徳を積んだ僧侶とそうでない人との差はありますが、実際に副業感覚でお経をあげる人もいるのです。

修行を経てやっと僧侶になれる

宗派によっても異なりますが、通常数年間の厳しい修行を経なければ僧侶として認められません。修行中は寺院で生活を送り、自由な外出や食事はできない厳しい日々を過ごすことになります。

修行中は肉や魚料理を食べることは禁止され、ほとんどが精進料理になります。

また携帯電話やパソコン等の使用も制限されます。俗世から離れなければ修行の意味がないからです。そのため、家族や友人、恋人とも思うように連絡を取れなくなります。

また、見習いの間は他の僧侶よりも早く起床して身なりを整え、境内の掃除や配ぜんの準備を率先して行います。その中で時間を見つけて、お経を覚えたり、唱え方を練習したりします。

葬儀や法事の際は住職と行動を共にし、その技術を真似ることで学んでいきます。仏教に関する理解を深めるための勉強は欠かすことができません。

いろいろな寺院をまわり、多くの僧侶と交流することで自身の糧にします。また時には滝に打たれたりするような修行もあるようです。

このような厳しい修行に耐え、やっと一人前の僧侶として認められます。その道のりは険しいと考えていいでしょう。