住職になるには

住職は寺院の責任者

住職とは寺院の僧侶達をまとめ、葬儀や法事の責任者となる人のことを指します。いわば寺院の顔であるというわけです。

住職になるために必要な資格はありませんが、ほとんどの寺院は世襲によって住職を継承します。したがって後継者のいる寺院で住職を目指すのは難しいでしょう。

跡取りのいない寺院は本山から推薦された僧侶を住職として迎えます。寺院の生まれでない僧侶が住職を目指す場合は本山で厳しい修行を積み、認められる必要があります。

住職は一寺の最高位の僧侶であるため、常に向上心を持って継承した後も己に厳しく鍛練に励み続けなければなりません。

目標とされる立場に

住職になると、僧侶の弟子を数人抱えることになります。

もちろん、必ず弟子を持たなければならないという決まりはありませんが、寺院の運営を円滑にするため、ほとんどの住職が弟子をとります。

弟子は法事や葬儀の際、住職に同行し、その補佐を行いながらスキルを上げます。

住職は常に弟子たちの見本となり目指すべき存在であるため、生涯を通じて向上心を持って職務にあたる必要があります。

責任の分だけ好待遇

代々受け継がれてきた寺院を次の世代につなぐ大切な役割を担う住職の責任は決して軽いものではありません。

さらに現代のようなものすごい速さで環境が変化する時代における寺院の経営は今までになく困難になってきています。

これからの住職は古いものを大切に守りながら、新しい時代に対応していくことを求められているのです。

住職はこの重い責任の分だけ他の僧侶よりも待遇は良くなっています。当然収入も一般の僧侶より高額です。

しかし住職を目指す人は金銭には代えられない責任と使命が課せられていることを知っておくべきでしょう。

住職のほとんどは寺院の跡取りですが、そうでなくても真面目に学問をし、地道な修行を積み重ね、認められれば住職を目指すことは十分可能です。