僧侶(住職・坊さん)の結婚

僧侶は結婚してはいけない?

生涯を通して日常の全てが修行であり、世俗から離れ、厳しい戒律の中で生活している僧侶に対して、一般の人たちの中には僧侶は所帯を持ってはいけないと思っている人が多いようです。

しかし、これには少し誤解があります。

たしかに、海外諸国では僧侶は結婚しない場合が多く、日本も明治時代までは妻帯を禁じられていました。

しかし、時代を追うにつれて、寺院が長きにわたって継続するためには安定した世襲が一番であるという檀家からの訴えが増加し、明治政府が僧侶の婚姻を許可する形となりました。

したがって現代の僧侶は一般男性と同様に自由に家庭を持つことが許されています。

日本の僧侶は「人々と共に生きる」

そもそも中国から伝来した、いわゆる初期の仏教を日本は歴史と共に独自に発展させてきました。初期の仏教は世俗からの解脱を第一目的としており、それを果たすためには結婚は障害であるとされました。

しかし、仏教の目的が自己の解脱に留まらず、大衆の救済を目指すようになったとき、世俗からむやみに遠ざかるのではなく、人々と共に仏道を歩もうという考え方が広まりました。

このような立ち位置から結婚を考えてみると、家庭を持つことは人々と共に在り、その救済を目指す僧侶にとって障害とはならず、むしろ仏道を真の意味で理解するための助けともなりうるといえます。

婚活市場では僧侶人気が高まる

女性が社会で活躍するようになった一方で晩婚化が進んでいます。「婚活」という言葉も広く浸透し、その市場拡大はとどまるところを知りません。

そんな中、幸せな結婚を夢見る多くの女性たちの中で僧侶人気が高まっています。

その理由として、自らの生涯を修行に捧げる僧侶は贅沢をしたり、浮気等の不貞行為をすることはないであろうという安心感があげられるようです。

また静寂に包まれた寺院での生活に憧れを持つ女性も増えてきています。

しかし、生活のすべてが修行であると考えられる僧侶との生活には制限も多いのが現状です。まとまった休みも取りづらく、義両親との同居は避けられません。

また檀家からの寄付金やお布施で生計を立てるため、質素倹約に常に励む必要があります。寺院に嫁いだ者として求められる役割も大きく苦労が絶えないのが実際のところです。