総務のやりがい、魅力

組織全体を良くする仕事に携わることができる

総務は、組織で働くスタッフたちにとって働きやすい環境を整え、組織を円滑に動かすためにさまざまな業務を行います。

企業では、営業、開発、マーケティング、事務…など多様な職種の社員が働いていますが、総務のように組織全体の様子や雰囲気を把握できる職種は、そこまで多いわけではありません。

総務は営業のように、お客さまと直接顔を合わせることはあまり多くなく、社内でもあまり目立つ存在ではありませんが、総務なくして組織はうまく回らないと言っていいほど、どのような組織でも重要な役目を担っています。

こうした責任ある仕事に就き、組織を裏で支えている実感が味わえることは、総務ならではの魅力だといえるでしょう。

社員に頼ってもらえる

総務は、あらゆる部門の社員と関わりを持ちます。

基本的には人を相手にした業務が中心となるため、自分が先回りして動いたり、社員が望むことに適切に応えてあげたりすることで、相手に喜んでもらえる機会がたくさんあります。

「○○さんがいてよかった」と声をかけてもらえたときには、大きな達成感が得られますし、もっとがんばろうという気持ちになれます。

また、「組織をより良くしていく」という目標に向かって日々仕事をしており、チーム一丸となっての連帯感も味わうこともできる職種です。

変化がある仕事

総務というと、誰にでもできる簡単な仕事と思われがちですが、組織の問題を解決するために良い方策を考えるなど、答えを自分自身で見つけていかなくてはならないこともたくさんあります。

常に組織全体に目を光らせながら、社員が困っていることはないか、社内環境は整っているかなどについて、頭を使って考える必要があります。

また、来訪者の受付を担当したり電話応対をしたりと、「会社の顔」となってさまざまな人とコミュニケーションをとる機会もあります。

決してルーティンワークではなく、日々変化を感じながら仕事をしていけることも、この職種のやりがいといえるでしょう。